山本大斗が決勝3ラン! 11回表に猛攻の千葉ロッテが延長戦を制す【7/6 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月6日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた東北楽天と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は11対4で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは3回表、藤原恭大選手の四球と池田来翔選手の安打で再び好機をつくり、福田秀平選手の4号3ランで先制に成功。先発の石川歩投手は、1回裏に黒川史陽選手の安打、マルモレホス選手の二塁打でピンチを招いたが、無失点に抑える。以降は安定した投球を続けていたが、5回裏に石原彪選手の安打と味方の失策でピンチを背負い、入江大樹選手の適時二塁打と失策で2失点。5回79球5安打1四球3奪三振2失点(自責点0)の内容だった。

 打線は6回表、藤岡裕大選手と西川僚祐選手の安打で1死1、2塁から、平沢大河選手の適時二塁打で1点を追加。以降は横山陸人投手、田中靖洋投手、中村稔弥投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えたが、9回裏に山本大貴投手が田中和基選手に2点適時三塁打を浴び、4対4で試合は延長戦へ。

 10回裏は東妻勇輔投手が1死2、3塁とされながらも無失点に抑えると、11回表にサントス選手の安打、敵失策で好機を迎え、山本大斗選手の3号3ランで勝ち越しに成功。その後も打線がつながり、池田選手、藤岡選手、西川選手に適時打が飛び出しこの回7得点を挙げ、11回裏は成田翔投手が3者凡退で締めた。

 勝利した千葉ロッテは、先発・石川投手が自責点0の好投。打線は15安打で11得点を挙げた。敗れた東北楽天は、先発の高田孝一投手が7回8安打3四球6奪三振4失点の力投。9回裏に田中和選手の適時打で同点に追い付いたが、11回表に釜田佳直投手が6安打2四死球で7点を失った。

  1234567891011計
ロ 00300100007 11
楽 00002000200 4

ロ 石川歩-横山陸人-田中靖洋-中村稔弥-山本大貴-○東妻勇輔-成田翔
楽 高田孝一-弓削隼人-津留崎大成-小峯新陸-●釜田佳直

文・長谷川月人
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント