序盤に猛攻の福岡ソフトバンクが快勝。渡邉陸の3号2ランなどで得点重ねる【7/5 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月5日、青森県弘前市・はるか夢球場で行われた東北楽天と福岡ソフトバンクの第9回戦は、6対2で福岡ソフトバンクが勝利。2位・東北楽天とのゲーム差を「3.5」に広げた。

 福岡ソフトバンクは、大関友久投手が先発した。初回に2三振を奪うと、2回裏も3者凡退に抑えるなど、前回対戦で8回無失点と好投した東北楽天相手に、上々の立ち上がりを見せる。

 大関投手を援護したい打線は3回表、渡邉陸選手、周東佑京選手の安打などで2死満塁と好機を演出。4番・柳田悠岐選手の一打で2点を先制すると、柳町達選手も2点適時三塁打で続き、この回一挙4得点を奪った。

 4回表には、無死1塁から渡邉陸選手の3号2ランで2点を追加。「久しぶりのスタメンマスクで大きい追加点となる最高の結果を残すことができて良かった」と喜びのコメントを残した。

 5回終了まで被安打0と好投していた大関投手だが、5回裏に太田光選手の適時打で1点を失う。6回裏には1死1、3塁から二ゴロの間に2失点目を喫し、6回2失点でマウンドを降りた。

 7回表、2死1、2塁から今宮健太選手が安打を放つも、中堅手・岡島豪郎選手の好返球により二塁走者が本塁でタッチアウトとなり、追加点とはならず。7回裏からは森唯斗投手、又吉克樹投手、モイネロ投手の盤石の救援陣が無失点リレーを披露し、6対2のまま試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の大関友久投手が6回106球1安打6四死球4奪三振2失点。制球に苦しみながらも試合をつくり、今季6勝目を手にした。また、青森山田高校出身の川原田純平選手がプロ初出場。6回表に代走で出場すると、そのままセカンドの守備に就くなど、地元で躍動した。
 
 一方敗れた東北楽天は、先発の則本昂大投手が5回7安打5四死球6奪三振6失点で今季3敗目。相手打線の勢いを止めることができなかった。打線は2得点を奪ったものの、チーム全体で2安打と活気がなかった。

  123456789 計
ソ 004200000 6
楽 000011000 2

ソ ○大関友久-森唯斗-又吉克樹-モイネロ
楽 ●則本昂大-渡邊佑樹-福山博之-西垣雅矢

文・吉村穂乃香
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント