【BOATRACE】長嶋万記が地元Vで女子賞金ランキング5位に浮上 浜名湖オールレディース

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 浜名湖オールレディース(6月30日〜7月5日開催)が終了した。優勝戦は1号艇の長嶋万記(静岡)【写真2枚とも】が快勝。インからコンマ11の好スタートを決め、1マークを先マイして他を寄せ付けず逃げ切った。2着には3号艇の堀之内紀代子(岡山)、3着には2号艇の三浦永理(静岡)が入り、3連単1-3-2で1680円の6番人気決着となっている。

【(C)BOATRACE】

 勝った長嶋は今年2回目の優勝で通算34V。地元浜名湖では2012年男女ダブル戦、2016年オールレディース、2019年オールレディースに続いて4回目の優勝。

 長嶋は6月4日の尼崎オールレディースで約2年1カ月ぶりとなる久々の優勝を飾ったが、あれから約1カ月で再び優勝を手中に。勢いに乗っている近況だ。今年の女子賞金ランキングも今節開幕時点での8位から3ランクアップして5位へ浮上。3年ぶりのクイーンズクライマックス出場へ着実に前進している。

【(C)BOATRACE】

 また優勝戦3着に入った三浦永理は女子賞金ランキング20位まで上昇。クイーンズクライマックス出場ボーダーまで約187万円差へ詰めてきた。

 長嶋と三浦はともにクイーンズクライマックス出場権争いで悔しい思いを味わったばかりだ。長嶋は2020年に女子賞金ランキング13位の次点を経験。三浦は2021年に選考期間最終日に女子賞金ランキング12位から14位に転落して出場権を逃している。

 年末の大舞台への返り咲きを目指す静岡91期コンビが、今後ますます目が離せない存在になってくること間違いなしだろう。

【2022年女子賞金ランキング】(7月5日、19時40分現在)
1位 遠藤  エミ 60,398,000円
2位 平高  奈菜 29,694,000円
3位 守屋  美穂 25,902,000円
4位 田口  節子 22,516,266円
5位 長嶋  万記 19,181,000円 (浜名湖優勝戦1着)
6位 寺田  千恵 18,363,000円
7位 平山  智加 18,029,000円
8位 細川  裕子 17,650,000円
9位 日高  逸子 16,663,500円
10位 中村  桃佳 16,236,000円
11位 高田 ひかる 15,699,500円
12位 落合  直子 15,661,000円
―――クイーンズクライマックス出場ボーダー―――
13位 實森  美祐 14,516,000円
14位 金田  幸子 14,477,000円
15位 松本  晶恵 14,230,000円
16位 清水  沙樹 14,087,000円
17位 川野  芽唯 14,084,000円
18位 浜田 亜理沙 14,038,000円
19位 倉持  莉々 13,934,000円
20位 三浦  永理 13,794,000円 (浜名湖優勝戦3着)
21位 清埜  翔子 13,490,000円 (浜名湖優勝戦5着)

27位 海野 ゆかり 12,502,000円 (浜名湖優勝戦6着)
29位 堀之内紀代子 12,259,500円 (浜名湖優勝戦2着)
161位 安達  美帆 4,243,000円 (浜名湖優勝戦4着)

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント