【ガンバ大阪】敵地で湘南にリベンジへ。走るだけでないガンバの強みで勝点3をつかみ取る

ガンバ大阪
チーム・協会

【©GAMBA OSAKA】

中2日の連戦が続いた浦和戦は前半に浦和を圧倒しながらも、2点目を取って突き放しきれずに終盤にPKで失点。今季、ホーム初の連勝は逃したガンバだが「前半いい試合をしてくれたし浦和を攻撃でも守備でも圧倒した」と片野坂監督はチームが見せている確かな成長への手応えを口にした。
敵陣からアグレッシブに守備を敢行するだけでなく、浦和戦では東口を起点にしたロングカウンターでも先制点。ハイプレスだけでなく、ボールを握るスタイルも志向する今のガンバだが、湘南戦は走り合いでも真っ向勝負の一戦になる。

【©J.LEAGUE】

浦和戦では後半、運動量が落ちたことや、三浦ら最終ラインへの相手プレスが強まったこともあり、守勢に回る時間帯が続いたガンバではあるが「課題は後半の終盤にかけて、もう一度どれぐらい前半のような戦いをできるかどうか。連戦で疲労もあったのかもしれないが、本当に上を目指したり、チャンピオンになりたいのなら前半の戦いを後半も続けることが大事になってくる」と指揮官は、強気な姿勢を口にする。
ハードワークと球際の強さを軸に復調の兆しを見せている湘南は、ホームで苦杯を舐めた試合からも分かるように、全員が最後まで走りきってくるチーム。今節は湘南から期限付き移籍中の齊藤がピッチに立てないが、倉田や石毛、小野瀬らが見せる圧巻のハードワークもチームを支えている。

ガンバで一時代を築いた湘南の山口監督も、当然今のガンバのスタイルは分析済み。とりわけ後半の戦い方と強度の維持はガンバの課題ではあるが「浦和戦の後半は相手に研究されて、プレスがかかってボールを失う場面があった。それについてはピッチの中にしか答えはないし、選手が感じとることしか解決方法はない。湘南もアグレッシブなサッカーをしてくる中でボールをどれだけ大事に動かせるか」と福岡も言う。

【©GAMBA OSAKA】

中3日のアウェイ戦で、湘南に走力で遅れを取らないことは大前提になるが、ボールを動かしながら、粘り強く湘南の守備の綻びを作りたい。プロ生活のスタートを切った古巣相手に燃える福岡の自在の動きと効果的なパスも必見だ。
15位ではあるものの、直近の3試合は2勝1分。前節は名古屋とスコアレスドローに終わった湘南だが、明らかに調子を上げている。8得点でチーム得点王の町野は、名古屋戦の終盤に負傷交代。今節ピッチに立つかは不透明だが、名古屋戦でも再三、決定機を作り出しており、やはり侮れない相手であることは言うまでもない。


広島戦も浦和戦も前半に先手を取っているガンバだが、特に夏場の戦いではやはり不用意な失点は禁物。キックオフと同時に湘南のお株を奪うようなアグレッシブな戦いで主導権を握りたい。
「リベンジを果たしたいし、ホームで0-1で負けて本当に悔しい。アウェイで簡単に勝てる相手ではないが勝点3を目指したい」(片野坂監督)。
敵地でのリベンジに向けて、タイムアップの瞬間までタフに走り抜く。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ガンバ大阪

ガンバ大阪は、北摂・北河内地域をホームタウンとして活動しています。 「ガンバ」は、イタリア語で「脚」を意味する言葉で、日本語の「頑張る」にも通じています。 「チーム一丸となって勝利を目指して頑張るチーム」「どんな状況でもガンバって勝利を勝ち取るチーム」「大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム」「日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ」という気持ちが込められています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント