小郷裕哉が決勝打! 東北楽天がシーソーゲームを制する【7/5 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月5日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた東北楽天と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第10回戦は6対5で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、先頭・田中和基選手の四球とオコエ瑠偉選手の安打でチャンスをつくると、続く黒川史陽選手が適時二塁打を放ち、先制に成功。なおも無死2、3塁から、和田恋選手の内野ゴロ、渡邊佳明選手の適時二塁打でさらに2点を追加した。

 先発の藤井聖投手は4回表、守備のミスも絡んで吉田裕太選手と田村龍弘選手の連続適時打で2点を失ってしまう。打線は1点差に迫られた直後の4回裏、先頭の江川侑斗選手が二塁打でチャンスを演出。暴投で1死3塁とすると、入江大樹選手に適時打が飛び出し、リードを2点に広げた。

 しかし6回表、藤井投手は二塁打と味方の失策で背負った無死2、3塁のピンチから山本大斗選手に適時打を浴びて降板。2番手には高田萌生投手が登板するも、1死満塁から福田秀平選手に犠飛を許し、同点に追い付かれた。

 6回裏には先頭のマルモレホス選手が勝ち越しの2号ソロを放つが、7回表に3番手・石橋良太投手が1死2塁から西川僚祐選手に適時打を許し、試合はまたも振り出しに。それでも打線は7回裏に2番手・東妻勇輔投手を攻め立てて2死満塁とすると、小郷裕哉選手の適時打で再び勝ち越しに成功する。

 リードを奪った東北楽天は8回表、回をまたいだ石橋投手が1死から二塁打を浴びて降板するも、4番手・弓削隼人投手がピンチを切り抜けて点差を保つ。9回表は宮森智志投手が無失点で締めて、6対5で試合終了。

 勝利した東北楽天は打線が攻撃の手を緩めることなく得点を重ねて、追い上げを見せる千葉ロッテを振り切った。打線では、オコエ選手、黒川選手、渡邊佳選手がマルチ安打の活躍を見せた。一方敗れた千葉ロッテは、打線が中盤に追い付くも、投手陣が粘りきれなかった。

  123456789 計
ロ 000202100 5
楽 30010110X 6

ロ 土肥星也-●東妻勇輔-成田翔
楽 藤井聖-高田萌生-○石橋良太-弓削隼人-S宮森智志

文・和田信
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント