池田隆英が6.2回1失点の好投。北海道日本ハムが連敗ストップ【7/3 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月3日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクのファーム交流戦、第2回戦は3対2で北海道日本ハムが勝利。連敗を「5」で止めた。

 北海道日本ハム・池田隆英投手、福岡ソフトバンク・奥村政稔投手の両先発で始まった試合は、静かな投手戦が展開された。池田投手は初回から危なげなく相手打線を打ち取ると、一方の奥村投手も走者を出しながらも無失点投球を続ける。

 均衡が破れたのは4回裏。北海道日本ハムは阪口樂選手の安打、速水隆成選手の二塁打などで1死2、3塁のチャンスをつくると、清水優心選手が適時内野安打を放ち、先制に成功した。

 1点の援護を受けた池田投手は、5回表、6回表と四球を出すも、得点を与えない。ところが7回表、1死から黒瀬健太選手に一発を浴び、1対1の同点に。続く笹川吉康選手を左飛に仕留め、6.2回4安打2四球7奪三振1失点で降板。後を受けた望月大希投手は、増田珠選手を遊ゴロに打ち取った。

 打線は直後の7回裏、先頭の清水選手がフェンス直撃の二塁打と相手のファンブルにより3塁へ到達。さらに、清水選手は2番手・高橋純平投手の暴投の間に本塁を陥れ、1点を勝ち越す。なおも2死3塁の好機では、万波中正選手が適時打を放ち、2点のリードを得た。

 8回表は畔柳亨丞投手が石塚綜一郎選手に被弾するも、最終9回表を井口和朋投手が無失点で締め、3対2で試合終了。勝利した北海道日本ハムは、池田投手が6.2回1失点の好投を披露。打っては清水選手が2安打1打点、相手の隙を付く好走塁も見せた。

 一方惜敗した福岡ソフトバンクは、奥村投手が6回5安打無四死球7奪三振1失点と粘投。黒瀬選手、石塚選手にはそれぞれ本塁打が飛び出したが、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
ソ 000000110 2
日 00010020X 3

ソ 奥村政稔-●高橋純平-岡本直也-木村大成
日 池田隆英-○望月大希-畔柳亨丞-S井口和朋

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント