伊藤大海が今季2度目の完封勝利! 北海道日本ハムがカード勝ち越し【7/2 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 7月2日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムとオリックスの第12回戦は、5対0で北海道日本ハムが快勝した。

 北海道日本ハムは1回裏、1死から近藤健介選手、野村佑希選手の連打でチャンスをつくると、松本剛選手の三ゴロの間に1点を先制する。一方先発の伊藤大海投手は、初回、2回表をそれぞれ3人で切るなど安定感のある投球を披露。5回までオリックス打線をわずか1安打に抑え、スコアボードに0を並べた。

 初回に1点を先制した打線だったが、以降はオリックス・山本由伸投手を捉えられず。3回から3イニング連続で3者凡退に抑え込まれ、試合は1対0のまま折り返した。

 再び試合が動いたのは6回裏。打線は近藤選手、松本剛選手の安打などで2死満塁とチャンスメイク。この場面で、代打・上川畑大悟選手がライトへ適時二塁打を放ち、貴重な2点を追加する。さらに7回裏、宇佐見真吾選手に4号ソロ、野村選手には適時二塁打が生まれリードを5点に広げた。

 頼もしい援護を受けた伊藤投手は、8回表に1死2塁のピンチを招くも無失点でしのぐと、最終9回表のマウンドにも上がる。吉田正尚選手に安打、マッカーシー選手には二塁打を浴びるも最後は代打・安達了一選手を二ゴロに仕留め、5対0で試合終了。

 北海道日本ハムは、伊藤投手が9回5安打4四球4奪三振無失点で今季2度目の完封勝利。打っては上川畑選手が代打起用に応えるなど中盤に追加点を奪い、カード勝ち越しを決めた。一方敗戦したオリックスは、先発の山本投手が6.2回9安打1本塁打1四球8奪三振5失点と乱調。福田周平選手はマルチ安打と一人気を吐いたが、計5安打無得点と沈黙した。

  123456789 計
オ 000000000 0
日 10000220X 5

オ ●山本由伸-K-鈴木-張奕
日 ○伊藤大海

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント