日本アマチュアゴルフ選手権 第3ラウンド

日本ゴルフ協会(JGA)
チーム・協会

【JGA】

古川龍之介がホールインワンを達成、単独首位に浮上

2位の岡田晃平 【JGA】

古川龍之介がホールインワンを達成、単独首位に浮上

2022年度(第106回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は30日、広島カンツリー倶楽部八本松コース(7,229ヤード パー72)にて予選を通過した60人の選手が出場して、第3ラウンドが行われた。

朝のうちこそ曇っていたが、晴れ間が広がると、気温はみるみるうちに上昇した。前日2位の古川龍之介(日本大)が前半でスコアを一つ伸ばし、さらに11番ホールで7番アイアンを使ってホールインワンを達成した。これで波にのった古川は12,15,16,17番とバーディを奪い、最終18番こそボギーにしたものの、通算12アンダーパーで単独首位に立った。
2打差の2位には岡田晃平(スカイ・ベイGC)がつけている。さらに通算8アンダーパーで蝉川泰果(ライオンズCC)、本大志(TEAM KGAジュニア)の2人が続いている。前日首位の前田光史朗(芳賀CC)は通算7アンダーパーの5位に後退した。なお、この日古川の他に小村隼人(真駒内CC)も3番ホールにて9番アイアンでホールインワンを達成している。競技はあと1日。

明日の第4ラウンドで、アマチュアゴルファー日本一が決定する。

3位の蝉川泰果 【JGA】

4位の本大志 【JGA】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本ゴルフ協会(JGA)

(公財)日本ゴルフ協会(JGA:JAPAN GOLF ASSOCIATION)は1924(大正13)年10月、神戸・根岸・東京・鳴尾・舞子・程ヶ谷・甲南の全国7クラブの代表により、創設された我が国のゴルフ界を代表する団体です。ゴルフ精神の正しい順守、ナショナルハンディキャップ制度の実施、公式競技の開催、ゴルフ・ルールとエチケットマナーの正しい普及などに努め、ゴルフの健全な発展と普及を図り社会に貢献して参ります。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント