波乱傾向が強いラジオNIKKEI賞の狙い目は?

JRA-VAN
チーム・協会

【2022/3/26 中山6R 1勝クラス 1着 4番 ショウナンマグマ】

今週から始まる夏の福島開催、日曜のメインは3歳限定重賞のラジオNIKKEI賞。3歳限定戦で唯一のハンデ重賞だ。夏のハンデ戦らしく波乱傾向が強いレースで、近5年中4年で3連単の配当が10万円以上となっている。一筋縄ではいかないが、配当妙味がありそうなラジオNIKKEI賞の狙い目を2017年以降・近5年のデータから探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

ラジオNIKKEI賞近5年の人気別成績

■表1 【ラジオNIKKEI賞近5年の人気別成績】

表1は近5年の人気別成績。1番人気馬は勝ち星がなく、2着1回のみで連対率・複勝率はともに20%と低い。2番人気馬は18年メイショウテッコンら2勝、3番人気馬は19年ブレイキングドーン、4番人気馬は昨年のヴァイスメテオールがそれぞれ勝利しているが、1着か4着以下か、ハッキリしている。

その他の1勝は一昨年8番人気で勝利したバビット。これら黄色で強調した7〜9番人気馬の好走が目立っており、それぞれ複勝回収率は100%を大きく超えている。これら中位〜下位人気の馬に注意しておきたい。なお、10番人気以下は昨年のワールドリバイバル(11番人気)の2着1回のみで、好走確率は低くなっている。

ラジオNIKKEI賞近5年の脚質別成績

■表2 【ラジオNIKKEI賞近5年の脚質別成績】

表2は脚質別成績。逃げ馬は一昨年のバビットが勝利し、複勝率80%と非常に高い。馬券圏外の1回も19年のダディーズマインドの4着で、毎年上位に粘れている。近5年の逃げ馬はいずれも7〜9番人気で、逃げられそうな人気薄の馬は要チェックだ。

先行馬は17年セダブリランテスら2勝で、毎年1頭ずつ連対している。近3年は9・7・11番人気馬が連対しており、逃げ馬も合わせて前に行く人気薄が穴を開けている状況だ。

差し馬は昨年のヴァイスメテオールら2勝。追い込み馬は勝ち星がなく、2・3着止まりとなっている。開幕週で小回りのコーナー4回というコース形態もあって、データからは前有利の傾向が出ている。人気薄でも逃げ・先行馬を狙っていきたい。

ラジオNIKKEI賞近5年の枠番別成績

■表3 【ラジオNIKKEI賞近5年の枠番別成績】

表3は枠番別成績。最内の1枠から昨年のヴァイスメテオールら近2年続けて勝ち馬が出ており、連対率42.9%・複勝率57.1%と非常に高い。3着以内馬4頭のうち、昨年1着のヴァイスメテオールだけ4番人気で、あとの3頭は8〜9番人気と穴を開けている点に注意。枠順で1枠の馬はぜひチェックしていただきたい。

その他では5・7枠が複勝率30%と優秀。なお、内めでも3・4枠に入った馬からは3着以内馬が出ていない。

ラジオNIKKEI賞近5年の斤量別成績

■表4 【ラジオNIKKEI賞近5年の斤量別成績】

表4は斤量別成績。勝ち馬は53〜56kgの馬から出ており、3着以内馬は出走数が多い53〜54kgに集中している。特に53kgの馬は、昨年2着のワールドリバイバルが該当するほか、毎年1頭は3着以内に入っている。3着以内馬6頭はすべて6番人気以下の伏兵だった。54kgの馬は17年セダブリランテスら2勝で、連対馬5頭中3頭は上位4番人気以内だった。

55kgは19年ブレイキングドーン、56kgは18年メイショウテッコンがそれぞれ勝利しているが、好走したのは1頭ずつ。一方で、52kg以下の軽量馬も3着1回のみと苦しい。

なお、牝馬は11頭出走して【0.0.0.11】。最高順位も4着が1回だけで、他の10頭は着外に敗れている。

ラジオNIKKEI賞近5年の前走クラス別成績

■表5 【ラジオNIKKEI賞近5年の前走クラス別成績】

表5は前走クラス別成績。前走重賞組は19年ブレイキングドーン(前走京都新聞杯6着)の1勝のみで、複勝率17.4%とそれほど高くない。オープン特別組は18年メイショウテッコン(前走白百合S1着)、昨年のヴァイスメテオール(前走プリンシパル4着)と2勝している。

前走1勝クラス組は一昨年のバビットら2勝で、複勝率は前走重賞組を上回っている。これら前走条件戦組の3着以内馬9頭中7頭は前走で勝利をおさめていた。

<結論>

今年のラジオNIKKEI賞の出走予定馬

■表6 【今年のラジオNIKKEI賞の出走予定馬】

※フルゲート16頭。除外対象馬なし。


前走皐月賞組のサトノヘリオスやボーンディスウェイ、前走毎日杯2着のベジャールらが上位人気に推されそうだが、前走重賞組はそれほど信頼度が高くない。

これまでのデータからショウナンマグマフェーングロッテンの2頭を推奨したい。ショウナンマグマは前走プリンシパルSで11着と大敗したが、最内枠からのスタートで内に包まれて実力を出せていない。2走前の1勝クラスでは2着に8馬身差をつけて逃げ切り勝ち。スタートさえまともなら今回こそ前に行くはずで、斤量は53kg。前走大敗で人気落ちの今回が狙い目と見る。

フェーングロッテンは前走白百合Sを逃げ切り勝ち。こちらもスムーズに先行できると強さを発揮するタイプで、前走勝利に導いた松若騎手が騎乗予定。

これら前に行ける2頭を中心に「行った行った」の展開まで想定しておきたい。

文:ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

JRA-VAN

【JRA公式データ配信サービス】のJRA-VANは、PCやモバイルに向けて競馬予想に役立つデータや情報を提供しております。 重賞レースなどのオフィシャルコラムや、海外競馬情報、JRA-VANのイベント情報、お得なキャンペーンなど、あなたの競馬ライフを豊かにする情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント