上川畑大悟がプロ初HRの同点弾! 北海道日本ハムがリーグ戦再開後初勝利【6/26 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月26日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第12回戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利。延長戦を制し、連敗を「7」で止めた。

 北海道日本ハムの先発は、来日3試合目の登板となるポンセ投手。初回を簡単に3者凡退に抑えるが、2回裏、牧原大成選手の三塁打を浴びる。内野ゴロの間に先制点を許したものの、3回以降は立ち直り、追加点は与えなかった。

 すると打線は5回表、1死から7番・ヌニエス選手が3号ソロを放ち、同点に追い付く。しかし6回裏、ポンセ投手は自らの失策で先頭を出塁させると、1死2塁から三森大貴選手の適時二塁打で勝ち越しを許し降板。その後は福田俊投手、西村天裕投手とつなぎ、福岡ソフトバンクを1点差で追いかける。

 迎えた8回表、先頭の上川畑大悟選手がプロ初本塁打となるソロ本塁打を放ち、再び同点に。8回裏は北山亘基投手、9回裏は続投した北山投手と鈴木健矢投手の継投で無失点に抑え、試合はそのまま延長戦に入った。

 10回表、1死から上川畑選手が四球を選ぶと、石川亮選手がしっかりと犠打を決めて2死2塁に。ここで代打・谷内亮太選手が放った打球はボテボテの内野ゴロとなり、嘉弥真新也投手が一塁へ悪送球。2塁走者が生還し、勝ち越し点を挙げた。

 10回裏は石川直也投手が登板し、先頭の牧原大成選手に安打を許しながらも無失点に抑え、試合終了。勝利した北海道日本ハムは、ビハインドの展開から2度同点に追い付くと、延長戦で勝ち越しに成功した。5番手の鈴木投手は、プロ初勝利をマーク。ルーキー・上川畑選手の本塁打もあり、リーグ戦再開後初勝利として連敗を「7」で止めた。

  12345678910計
日 00001001013
ソ 01000100002

日 ポンセ-福田俊-西村天裕-北山亘基-○鈴木健矢-石川直也-S堀瑞輝
ソ レイ-藤井皓哉-又吉克樹-モイネロ-●津森宥紀-嘉弥真新也

文・波多野瞭平
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント