中村剛也の反撃打も……投手崩れ埼玉西武が大敗【6/26 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月26日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第12回戦は4対13で埼玉西武が敗れた。

 埼玉西武の先発・渡邉勇太朗投手は初回、並木秀尊選手、武岡龍世選手、キブレハン選手の連打で先制を許す。さらに3回表には、山村崇嘉選手の悪送球によって2死から武岡選手が出塁すると、またしてもキブレハン選手に適時打を打たれて1点を失った。

 渡邉投手は4回表にも松井聖選手に本塁打を浴び、3点差となったが、直後の4回裏に山村選手、呉念庭選手、中村剛也選手の連打で2点を返した。

 しかし5回表、2死3塁の場面でキブレハン選手に本日3本目の適時打を許し1失点。6回表も松井選手と並木選手の適時打で点差は4点に広がった。渡邉投手はここまで計11安打を浴び、6回を投げ切ったところで後続に託した。

 8回表には粟津凱士投手がマウンドに上がったが、失策と安打で出た走者を並木選手に返され2失点。9回表には齊藤大将投手が連打と四球で満塁のピンチを招くと、暴投で1失点。その後も犠飛や適時打で計3点を失う。2死2、3塁から大曲錬投手が跡を継いだが、相手打線の勢いを止められず、さらに2点を献上した。

 最終回は、先頭の長谷川信哉選手が四球を選び、山村選手も安打で出塁。その後進塁し、2死1、3塁としたところで、相手暴投の間にホームへ生還。続く仲三河優太選手は適時打を放ったが、反撃はここまで。

 4対13で敗れた埼玉西武は、先発の渡邉投手が6回11安打1本塁打6失点(自責点4)と先発の役割を果たせず。打線も沈黙し、チーム5安打に終わった。なお、公文克彦投手は4月30日以来2カ月ぶりに復帰、粟津投手は2020年以来2年ぶりの公式戦登板となった。

  123456789 計
ヤ 101112025 13
西 000200002 4

ヤ ○星知弥-大下佑馬-石山泰稚-杉山晃基
西 ●渡邉勇太朗-公文克彦-粟津凱士-齊藤大将-大曲錬

文・北村彩実
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント