終盤に勝ち越しを許し北海道日本ハムが敗戦。代打・速水隆成は公式戦初本塁打【6/26 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月26日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと巨人のイースタン・リーグ公式戦、第14回戦は3対5で北海道日本ハムが敗北した。

 北海道日本ハムの先発・池田隆英投手は初回、先頭から2者連続四球でピンチを招くと、味方の失策も絡み2点を許す。なおも2死3塁から菊田拡和選手に適時三塁打を浴び、3失点の苦しいスタートとなった。

 打線は3回裏、代打で登場の育成2位ルーキー・速水隆成選手が公式戦初本塁打となるバックスクリーンへの1号ソロを放つ。続く今川優馬選手にも2号ソロが生まれ、1点差に迫る。池田投手も2回以降は持ち直し、5回を3安打2四球4奪三振3失点(自責0)にまとめた。

 6回裏には、先頭の片岡奨人選手が5号ソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻す。このまま流れをつかみたかったが、直後の7回表に3番手・谷川昌希投手がつかまり2失点。打線も再び試合を動かせず、3対5で試合終了。

 北海道日本ハムは、ビハインドの展開から本塁打攻勢で追いついたが、勝利に持ち込むことができなかった。2番手・高山優希投手、4番手・北浦竜次投手はそれぞれ1回無失点の投球内容。打っては渡邉諒選手にマルチ安打が生まれている。

  123456789 計
巨 300000200 5
日 002001000 3

巨 ○横川凱-與那原大剛-菊地大稀
日 池田隆英-高山優希-●谷川昌希-北浦竜次-ロドリゲス

文・小野寺穂高
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント