からつグランドチャンピオン4日目 モーターは出ているのではなく出している!

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

からつの第32回グランドチャンピオンはきょう24日が4日目。予選最終日である。
3日目終了時点で、シリーズリーダーの池田浩二をはじめ、秦英悟・赤岩善生・久田敏之・上平真二が完走当確ランプをともしている。
「当確」は選挙用語。「当選確実」を短くしたものだが、選挙とボートレースが決定的に異なるのは、それが受け身か否かだ。

ボートレーサーは、メカニックとレーサーの両方を演じ勝利を勝ち取りにいく。
整備や調整がうまくいかないのは自らが選択行動したことの結果であって、評価ではない。

だから、赤岩善生【写真2枚】は言う。「モーターは出ているんじゃなくて、出している…」と。
たとえ低勝率機を引いてもあきらめずに整備を続け、最終的に普通クラス以上にするケースは枚挙にいとまがない。ボートレース界にあって「整備の匠」といえる存在だ。

かつて「野村再生工場」と称され、落第の烙印を押されたプレーヤーをよみがえらせた野村克也さん(故人)に共通するものがある。
野村克也さんも、感じ方・考え方・理解の仕方にこだわった名将である。

【(C)BOATRACE】

その行動哲学の根幹について、赤岩善生は「愛情」と表現する。
「これはダメ、と結論づけるのは簡単。だけどせっかく相棒になったのだから、どこかいいところがないか探ってあげたい」と幾度も語っている。

モーターのせいで負けた…と言いたくないし、反対にモーターのおかげで勝てた…もないのだ。
つまり、モーターは出ている、のではなく「出している」のだ。人とメカの一体感を大切にしている。

「変わらずいい舟足をしています。出足・行き足ともにいいんですが、特に出足がいいですね」という今シリーズは、モーターの素質と赤岩善生の調整がマッチしている証拠。
接戦道中の握り合いで、そのレバー操作がひときわ早い理由といっていい。
きょうは10R6号艇の1走だが、安定感あるスピード旋回はコース不問。加えて、すんなり6コースということも考えにくいため、スタート展示から目が離せない。
赤岩善生にとって「受け身」は性に合わないのだ。

【(C)BOATRACE】

そんな戦いの数々を伝えるYouTubeライブがきょうも配信される。
ゲストに元AKB48でタレントの田名部生来さんを迎え、14時スタートの予定だ。注目したい。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント