女子レーサーも対等!SG優勝レーサーも参戦

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

「全国ボートレース甲子園」はゆかりある地の誇りとともに参戦する大舞台である。そこに年齢や性別のカベはない。
その象徴が女子レーサーである。
過去の参戦メンバーは次のとおりだ。

第1回浜名湖…藤崎小百合(鹿児島県代表)
       遠藤エミ(滋賀県代表)
       今井美亜(富山県代表)
第2回三国……岩崎芳美(熊本県代表)
       遠藤エミ(滋賀県代表)
第3回丸亀……藤崎小百合(鹿児島県代表)
       平山智加(香川県代表)
       平高奈菜(愛媛県代表)

そして今大会は5名が名を連ねている。過去最多である。
第4回下関……岩崎芳美(熊本県代表)
       藤崎小百合(鹿児島県代表)
       平山智加(香川県代表)
       平高奈菜(愛媛県代表)
       遠藤エミ(滋賀県代表)

【(C)BOATRACE】

いずれも男子顔負けのスター揃いだが、遠藤エミにスポットライトがあたるのは当然。
3月の大村・ボートレースクラシックで女子初のSGタイトルを手にしているからだ。
「自分よりも自分を信じてくれるファンの皆さまがいる…」と感謝を胸に、スピード感と力感あふれる競走で観る者を圧倒するだろう。

【(C)BOATRACE】

一昨年大晦日のプレミアムG1第9回クイーンズクライマックス(浜名湖)を制した平高奈菜は今年5月のSGボートレースオールスター(宮島)でも優出(6着)しており実力は申し分ない。
「私は全然物欲がないタイプなんですが、唯一ファンの皆さんがアッと言ってくれるようなレースをしたいという欲はあります」と語るところに勝負強さの秘密が隠されている。
SGレーサーが集う戦いはまさに平高奈菜にうってつけである。

【(C)BOATRACE】

ママさんレーサーの平山智加も記念常連の女子トップレーサー。G1優勝はなんと3回を数える。
その最初は2013年1月。尼崎G1で男子レーサーを従えインから逃げて栄冠を獲得したのだ。
さらに、同年12月の第2回クイーンズクライマックス(芦屋)も取って女子レーサー№1の座に輝いている。
そして、一昨年8月の多摩川レディースチャンピオンは涙の優勝だった。それまでの苦労を想い、またファンへの感謝があふれ出た大会だった。

この大会3回目の藤崎小百合の持ち味は、ものおじしない平常心。慌てたり動揺したりすることがなく、それがそのままレース力となっている。
モーター調整力も秀逸。行き足を中心にレース展開力のある状態をキープできるのだ。

ベテラン岩崎芳美は経験を重ねてなお若々しい。最後まで絶対にあきらめない敢闘精神はアスリートの鑑といっていいだろう。どんな苦境にあってもモーターを良化させてくるのだ。魂のこもった競走は、そうしたプロセスから貫かれている。

今大会参戦女子レーサーへの期待は計り知れない。
過去のボートレース甲子園を振り返ると、優勝戦進出した女子は平高奈菜(前の大会の優勝戦6着)のみだが、予選や一般戦では女子レーサーが多数活躍しているのだ。
注目は上で述べた、平山&平高の香川支部ヒラヒラコンビ”。枠番に関係なく上位に絡むシーンを作り出している。

第4回G2全国ボートレース甲子園は7月5日(火)に開幕する。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント