金子千尋が5.2回0封! 序盤から得点を重ねた北海道日本ハムが快勝【6/18 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月18日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと東北楽天のイースタン・リーグ公式戦、第10回戦は、9対2で北海道日本ハムが快勝した。

 北海道日本ハムは1回裏、1死2塁から3番・水野達稀選手の適時二塁打で1点を先制。続く清水優心選手も適時二塁打を放つと、有薗直輝選手には2号2ランが生まれ、東北楽天・瀧中瞭太投手からこの回4点を奪う。4回裏には、佐藤龍世選手の二塁打などで1死2塁とすると、樋口龍之介選手の適時打で1点を追加し、リードを5点に広げた。

 序盤から援護をもらった金子千尋投手は、安定感のある投球を披露。初回こそ2死3塁のピンチを背負ったものの、以降は得点圏に走者を進ませず。結局、5.2回3安打3奪三振無失点の内容で降板。後を受けた高山優希投手は、2四球で2死1、2塁のピンチを招いたが、釜元豪選手を捕邪飛に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 7回表を畔柳亨丞投手が無失点で抑えると、直後の7回裏には佐藤選手の2点適時二塁打などで4点を追加する。8回表は北浦竜次投手が和田恋選手に10号ソロを被弾。8点リードの最終9回表は谷川昌希投手が1点を失うも、最後は入江大樹選手を見逃し三振に仕留め、9対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の金子投手は5.2回無失点と好投。打線は初回に有薗選手の2ランなどで4点を先取すると、中盤にも得点を重ね、計10安打9得点を挙げた。一方の東北楽天は、先発の瀧中投手が6回7安打1四球4奪三振5失点と乱調。2番手・小峯新陸投手も1回4失点と振るわず、北海道日本ハムに連敗を喫した。

  123456789 計
楽 000000011 2
日 40010040X 9

楽 ●瀧中瞭太-小峯新陸-福山博之
日 ○金子千尋-高山優希-畔柳亨丞-北浦竜次-谷川昌希

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント