クリスティアン・プロイサーがU-23監督に就任

ボルシア・ドルトムント
チーム・協会

【@BorussiaDortmund】

クリスティアン・プロイサー(38) がボルシア・ドルトムントU-23の監督に就任することが決まりました。ベルリン生まれのプロイサーはFCアウクスブルクに移籍したエンリコ・マーセンの後任となります。

プロイサーは2009年から2015年までRWエアフルトでU-19監督やトップチーム監督など複数の役職を務めました。2013年の夏にはボルシア・ドルトムントでユルゲン・クロップ監督のもとでインターンシップを行っています。2016年にはSCフライブルクのセカンドチームに移り2020/21シーズンのレギオナルリーガで優勝して3部昇格を達成。2021/22シーズンはブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフを率いました。

金曜日の午前にドルトムントで最初のトレーニングを行う新監督は「ボルシア・ドルトムントでのエキサイティングなタスクをとても楽しみにしています」とコメントしています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムント(通称:BVB)は、1909年12月19日に誕生し110年以上の歴史を持つドイツのサッカークラブです。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントに本拠地を置き、ドイツリーグ1部(サッカー・ブンデスリーガ)に所属しています。ドイツリーグ8回、DFBポカール(カップ戦)3回、DFLスーパーカップ4回、UEFAチャンピオンズリーグ1回、UEFAカップウィナーズカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回というタイトルを保持するドイツ屈指の名門チームです。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント