プリンスオブウェールズSのレース傾向を分析!

JRA-VAN
チーム・協会

【昨年の覇者ラブ【Photo by Getty Images】】

ロイヤルアスコット開催の2日目メインを飾るプリンスオブウェールズS。
今年は昨年のダービー馬シャフリヤールが日本から参戦を予定している。出走馬レーティング及び過去10年のデータより、プリンスオブウェールズSのゲート番別、性齢別、単勝オッズ別、前走レース別のレース傾向を分析する。

【JRA-VAN Ver. World】

JRAが6月14日時点での情報を基に作成したレーティングでは、1位となったのは前走・ブリガディアジェラードステークスを制したイギリスのベイブリッジで122、次いで日本のシャフリヤールの120となっている。

【JRA-VAN Ver. World】

過去10年で最も勝利を輩出しているのが6番ゲートと7番ゲート、連対率、3着内率にまで広げると1番ゲート、9番ゲートも好成績を収めている。昨年の覇者ラブも6番ゲートだった。

【JRA-VAN Ver. World】

最も勝利回数が多いのは5歳の5勝。次いで4歳の4勝となっている。7歳以上は3着内に入線したこはなく苦戦が予想される。2015年は3着までを4歳馬が独占した。

2015年に優勝したフリーイーグル 【Photo by Getty Images】

【JRA-VAN Ver. World】

過去10年は牡馬・セン馬が8回勝利している。牝馬の優勝は2回だが、連対率は41.7%、3着内率は58.3%と決して成績は悪いわけではなく、軽視は禁物だ。昨年は牝馬によるワンツーフィニッシュだった。

昨年2着のアウダーリャも牝馬だった 【Photo by Getty Images】

【JRA-VAN Ver. World】

過去10年の単勝オッズ別成績。単勝10倍未満の馬が勝率・連対率・3着内率ともに最も高い。次いで10倍〜29.9倍の馬となっている。30倍以上の馬は3着内に入線したことがなく、人気馬が順当に勝利する傾向にありそうだ。2019年は4.0倍の2番人気と2.6倍の1番人気で決まる堅いレースとなった。
※2019年はJRA発売オッズ、他の年は現地オッズ。

堅い決着となった2019年。勝ったのは2番人気のクリスタルオーシャンだった 【Photo by Getty Images】

【JRA-VAN Ver. World】

過去10年、1〜3着馬の前走レース別成績。アイルランドのタタソールズゴールドカップとイギリスのブリガディアジェラードステークスが2勝ずつを挙げている。他はヨーロッパ各国の様々なレースから参戦している。

【JRA-VAN Ver. World】

地元イギリスが最多の6勝。次いでアイルランドが4勝となっている。今年の有力馬の一頭であるベイブリッジもイギリスからの参戦。ヨーロッパ勢以外からの勝利はないが、果たして日本から参戦するシャフリヤールはどうか?

有力馬の一頭、イギリスのベイブリッジ 【Photo by Getty Images】

注:本ページの内容は、JRA-VAN Ver. Worldの情報を基に制作されております。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

JRA-VAN

【JRA公式データ配信サービス】のJRA-VANは、PCやモバイルに向けて競馬予想に役立つデータや情報を提供しております。 重賞レースなどのオフィシャルコラムや、海外競馬情報、JRA-VANのイベント情報、お得なキャンペーンなど、あなたの競馬ライフを豊かにする情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント