14安打10得点の埼玉西武が快勝! 今季初先発・平井克典が粘投【5/28 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月28日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、10対5で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は2回裏、栗山巧選手が安打で出塁すると、オグレディ選手が相手先発・上茶谷大河投手から1カ月ぶりとなる4号2ランを放ち、先制に成功する。

 さらに3回裏、2死から山川穂高選手に16号2ランが生まれると、打線に火がつく。連打と四球で満塁とし、岸潤一郎選手と滝澤夏央選手、打者一巡してこの回2打席目の呉念庭選手に適時打が飛び出し、5点を追加。なおも満塁から相手失策の間に1点を得るなど、この回一挙8点を奪取する。

 今季初先発の平井克典投手は、4回まで要所を締めるピッチングで無失点を続けていたが、5回表に戸柱恭孝選手に2号ソロを許す。その後も連打と死球で満塁のピンチを招くと、ソト選手に適時内野安打を浴びた。

 6回表から継投に入ると、宮川哲投手とボー・タカハシ投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑える。8回表には十亀剣投手がマウンドに上がったが、味方の失策や死球などでランナーをためると、佐野恵太選手の適時二塁打などで計3失点。しかし交代した森脇亮介投手が後続を打ち取り、リードを守った。続投した森脇投手は最終回も無失点で締めて、試合終了。

 勝利した埼玉西武は、平井克典投手が5回2失点と粘投し、今季初の先発登板を勝利で飾った。打線では、3回裏にビッグイニングをつくるなど、チームで10得点。栗山選手は猛打賞の活躍を見せ、オグレディ選手、山川選手の本塁打もチームを勢いづけた。

  123456789 計
デ 000020030 5
西 02800000X 10

デ ●上茶谷大河-宮國椋丞-三上朋也-入江大生
西 ○平井克典-宮川哲-ボー・タカハシ-十亀剣-森脇亮介

文・北村彩実
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント