高橋光成が7回1失点の好投も打線が沈黙。横浜DeNAとのカード初戦を落とす【5/27 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月27日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、0対1で埼玉西武が接戦を落とした。

 埼玉西武の先発・高橋光成投手は初回を3者凡退に打ち取ると、序盤3回はパーフェクトピッチ。4回表は連打を許すなど、2死2、3塁のピンチを招いたがソト選手から三振を奪い切り抜けた。

 一方の打線は、2回裏に1死1、3塁と先制の好機を得たが中村剛也選手が併殺に倒れ無得点。以降は相手先発・大貫晋一投手から得点圏に走者を進められずに、0対0のまま試合は終盤へ。

 緊迫した投手戦が続く7回表、高橋光成投手は死球と盗塁で1死2塁のピンチを招く。代打・藤田一也選手の内野ゴロで2死3塁とされると、続く関根大気選手に適時打を浴び、ついに均衡が破れた。高橋光成投手はこの回で降板。7回115球4安打8奪三振1失点の内容だった。

 後を継いだ水上由伸投手が8回表を無失点に抑えると、直後の8回裏は1死2塁とする。しかしこの好機で代打・栗山巧選手、続く外崎修汰選手が倒れた埼玉西武は、9回裏も守護神・山崎康晃投手から得点を挙げられず。0対1で敗れた。

 埼玉西武は高橋光成投手が好投を見せたが、打線があと一歩のところで横浜DeNA投手陣を打ち崩せず。散発3安打と沈黙した。高橋光成投手は今季4敗目。チームも連敗となった。

  123456789 計
デ 000000100 1
西 000000000 0

デ ○大貫晋一-エスコバー-S山崎康晃
西 ●高橋光成-水上由伸-本田圭佑

文・小野寺穂高
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント