【BOATRACE】デビュー初優出目指す生田波美音が予選7位浮上 若松ヴィーナスシリーズ

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 若松ヴィーナスシリーズ(5月23日〜28日開催)は25日、3日目が終了した。永井聖美(東京)が2・1・1・2着のオール2連対で予選首位をキープ。予選2位には1・3・1・1・2着の藤原菜希(東京)【写真下】がつけ、東京支部勢がV争いを引っ張る展開となってきた。

 4日目は永井が4R5号艇と9R6号艇、藤原が6R6号艇で登場。いずれも外枠に組まれており踏ん張りどころの一日となりそうだ。

【(C)BOATRACE】

 また東京支部勢では生田波美音(東京)【冒頭の写真】の活躍も光る。3日目8Rでは豪快な5コースまくりを披露。1・2・5・1着で予選7位まで上がってきた。

 生田が今節手にしたモーター21号機は2連対率30位タイ。数字的には低調だ。しかし昨年11月のヴィーナスシリーズでは平山智加が優出4着に入り、今年2月の男女ダブル戦でも茶谷桜が優出4着と女子レースで活躍。また今年3月のG1若松周年では森高一真が乗って優出2着の快走を見せていた。このモーターはこれまで使用された15節のうち11節はB級が乗ったこともあって2連対率は低めだが、A級が乗った4節では3優出と好成績。侮れないパワーを秘めていそうだ。

 4日目の生田は2R6号艇で登場(※後半11R3号艇は一般戦)。予選突破には当確ランプがともっているが、大外枠で着をまとめて準優好枠を狙いたいところだ。生田はこれまで準優に5回乗っているが、その枠番は5・4・4・4・6号艇。すべてダッシュ戦となって転・5・4・6・6着と苦戦を強いられてきた。デビュー初優出へのチャンスを広げるためにも、4日目2Rの6号艇が重要となってきそうだ。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント