ビジャレアル欧州へ、グラナダ降格:ラ・リーガ・ニュース

ラ・リーガ公式
チーム・協会

【(C)LaLiga】

ビジャレアル、欧州へ

チャンピオンズリーグで4強入りする快進撃の傍ら、ラ・リーガ・サンタンデールでは苦しい戦いを強いられてきたビジャレアルが、最後の最後に来季のヨーロッパ行きを決めた。8位アスレティック・クルブと勝ち点1差の7位で迎えたラ・リーガ・サンタンデール最終節。ウナイ・エメリ監督率いるチームはカンプノウでバルセロナを2ー0で破り、来季のカンファレンスリーグ出場権を獲得した。

来季はレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、セビージャがチャンピオンズリーグ、ベティスとレアル・ソシエダがヨーロッパリーグ、そしてビジャレアルがカンファレンスリーグに、スペイン代表として挑むことになる。

来季は7チームがヨーロッパのコンペティションに出場する 【(C)LaLiga】

グラナダが降格

最終節まで残留争いを繰り広げた3チームのうち、最後に涙を飲んだのはグラナダだった。16位で迎えた最終節。ホームにエスパニョールを迎えた一戦はホルヘ・モリーナのPK失敗など手にしたチャンスを決めきれず、スコアレスドローに終わった。同時刻に行われた他の2試合では勝ち点1差のカディスとマジョルカが揃って勝利。結果としてグラナダが18位となり、ラ・リーガ・スマートバンクへの降格が決まった。

ホルヘ・モリーナは痛恨のPK失敗を悔やみ、試合後は泣き崩れた 【(C)LaLiga】

アトレティコは3位

アトレティコ・マドリーは敵地でレアル・ソシエダと対戦した最終節を2ー1で制し、3位で2021/22シーズンを終えた。これでディエゴ・シメオネ監督が開幕から指揮した2011/12シーズン以降、10シーズン連続で3位以内を維持し続けることになった。

レアル・ソシエダとの最終節はロドリゴ・デパウルらのゴールにより2ー1で制した 【(C)LaLiga】

王者マドリー、最終戦ドロー

既に優勝を決めていたレアル・マドリーにとって、ホームでベティスと対戦したラ・リーガ・サンタンデール最終節は5月28日(土)に行われるチャンピオンズリーグ決勝に向けたテストマッチという意味合いが強かった。そのためカルロ・アンチェロッティ監督は現状のベストメンバーを揃えてこの一戦に臨んだものの、結果はスコアレスドローに終わっている。

スコアレスドローに終わった最終節はCL決勝へ向けた壮行試合の趣もあった 【(C)LaLiga】

ホアキン、600試合

ベティスの主将ホアキン・サンチェスが大記録を樹立した。サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリーとの最終節にて、40歳の大ベテランはラ・リーガ・サンタンデール600試合出場を達成。歴代最多の622試合出場を誇るアンドニ・スビサレッタに続く、史上2人目の大台到達を成し遂げた。

レアル・マドリー戦で途中出場した際、ホアキンは敵地のファンからスタンディングオベーションを受けた 【(C)LaLiga】

イラオラ監督、続投決定

ラージョ・バジェカーノがアンドニ・イラオラ監督との契約を更新した。39歳の指揮官はプレーオフを制してラ・リーガ・サンタンデール昇格へ導いた昨季に続き、今季も昇格1年目のチームを12位に押し上げ、目標だった残留を成し遂げている。

来季もラージョで指揮することになったイラオラ監督。今季はコパデルレイでも4強入りを果たした 【(C)LaLiga】

モドリッチ、「レジェンド」の仲間入り

スペイン最大の発行部数を誇るスポーツ紙「マルカ」が厳選されたトップアスリートだけに贈る賞「マルカ・レイェンダ(=レジェンド)」をレアル・マドリーのルカ・モドリッチが受賞した。過去にはペレやディエゴ・マラドーナ、ジネディーヌ・ジダン、ロナウド、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドらフットボーラー、さらにマイケル・ジョーダン、モハメド・アリ、ウサイン・ボルトといった錚々たる面々が受賞しており、モドリッチは同賞の名の通りレジェンドの仲間入りを果たしたことになる。

衰え知らずの36歳は、今季も獅子奮迅の活躍でレアル・マドリーのタイトル獲得に貢献した 【(C)LaLiga】

セビージャでEL決勝

5月18日(水)に行われたフランクフルト対レンジャーズのヨーロッパリーグ決勝は、前身のUEFAカップを含め最多6度の優勝回数を誇るセビージャの本拠地ラモン・サンチェス・ピスフアンを舞台に行われた。当日はドイツ、スコットランドから大量のファンが到来。試合は延長戦でも決着つかず、PK戦の末にフランクフルトがタイトルを手にした。

普段は赤色のスタンドも、EL決勝ではレンジャーズの青色とフランクフルトの白色に染まった 【(C)LaLiga】

昇格レース、白熱

先週末に第41節が終了したラ・リーガ・スマートバンクでは、最終節を前にまだ1チームも昇格チームが決まっていない。これは1990/91シーズン以来となる異例の状況だ。現在首位に立つのは勝ち点80のエイバル。同80のアルメリアが2位、同78のバジャドリーが3位につけ、自動昇格枠の1、2位争いを繰り広げている。最終節は5月29日(日)に行われる。

エイバルは前節テネリフェを2ー0で下し、首位で最終節を迎えることに 【(C)LaLiga】

アルメリアは前節ホームでアルコルコンと引き分け、自動昇格を決め損ねた 【(C)LaLiga】

バジャドリーは前節3連勝目を挙げ、最終節まで自動昇格の望みをつないだ 【(C)LaLiga】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ラ・リーガ公式

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント