復帰初戦の呉念庭、オグレディが2人で7打点の大暴れ! 埼玉西武が交流戦白星スタート【5/24 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月24日、バンテリンドームで行われた中日と埼玉西武の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、8対5で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、滝澤夏央選手や山川穂高選手の安打などで1死満塁の好機をつくると、今日復帰の呉念庭選手が「久々の一軍の打席でしたが、楽しみながら入ることができました」と、2点適時打。続く愛斗選手も適時二塁打で続き、3点を先制する。

 2回表には、この日1番に入っている外崎修汰選手の二塁打を皮切りに1死3塁に。迎えたオグレディ選手も、一時帰国を経てこの試合で一軍復帰。「最低限の仕事ができて良かったよ」と犠飛で1点を追加し、中日の先発・小笠原慎之介投手から4点のリードを奪った。

 埼玉西武の先発は佐藤隼輔投手。初回こそ3者凡退の立ち上がりを見せたが、2回裏に1失点すると、3回裏には鵜飼航丞選手に4号ソロを浴びるなど1点差に迫られる。結果佐藤投手は、3回59球3安打3四球3失点で降板した。

 しかし直後の4回表、打線は1死1、2塁からオグレディ選手がフェンス直撃の2点適時二塁打を放ち、再び3点差に。投手陣は4回以降を森脇亮介投手が1イニング、本田圭佑投手が2イニングをそれぞれ無失点でつなぎ、試合の主導権をつかんだ。

 7回表には呉選手が「投手陣が頑張っているので、少しでも楽に投げられるように」と2号2ランを放ち、点差は5点に。5番手・宮川哲投手が2失点したため、結果これが決勝点に。3点差の最終回は、増田達至投手が走者を背負いながらも締め、8対5で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、打線が爆発。今試合で復帰の呉選手が2安打4打点、オグレディ選手が1安打3打点と活躍した。投手陣は先発の佐藤投手が3回で降板したものの、計6投手でつなぎ、勝利を手繰り寄せた。

  123456789 計
西 310200200 8
中 012000020 5

西 佐藤隼輔-森脇亮介-○本田圭佑-水上由伸-宮川哲-S増田達至
中 ●小笠原慎之介-山本拓実-藤嶋健人-祖父江大輔-田島慎二-谷元圭介

文・小野寺穂高
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント