復帰のブランドンが決勝タイムリー! 出井敏博も熱投の埼玉西武が勝利【5/24 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月24日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は4対3で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は新加入の育成外国人・ヘレラ投手。198cmの長身から繰り出される直球と変化球のコンビネーションで、相手打線を2回1安打1奪三振無失点に抑えた。打線は3回裏、千葉ロッテの先発・鈴木昭汰投手から8番・岡田雅利選手が1号ソロを放ち、先制する。

 しかし3回表から登板した2番手出井敏博投手は4回表、1死1、2塁のピンチを招くと、7番・西川僚祐選手の適時打ですぐさま同点に追い付かれる。さらに江村直也選手の適時打で1点の勝ち越しを許した。

 1点差で迎えた6回裏、埼玉西武は山村崇嘉選手、長谷川信哉選手、渡部健人選手の安打で1死満塁の好機をつくる。ここで打席に入ったのは、今季ファーム初出場となったブランドン選手。3球目を捉えてレフト前へ運び、2者が生還して逆転に成功した。

 一時逆転を許した出井投手だったが、5回以降は相手打線を完璧に抑える。すると打線は8回裏、渡部健人選手の犠飛で1点を追加。最終9回表のマウンドにも上がった出井投手が、1失点を喫しながらも試合を締めた。

 4対3で勝利した埼玉西武は2番手・出井投手が7回141球7安打3失点の熱投。打っては岡田選手に約1カ月ぶりの安打となる本塁打、実戦復帰のブランドン選手に決勝打が生まれた。一方敗れた千葉ロッテは、先発・鈴木投手が6回途中3失点。打線は最終回、植田将太選手の適時打で1点差に迫るも、あと一本が出なかった。

  123456789 計
ロ 000200001 3
西 00100201X 4

ロ ●鈴木昭汰-東妻勇輔-成田翔-田中靖洋
西 ヘレラ-○出井敏博

文・丹羽海凪
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント