牧原大成の一時同点打も及ばず。福岡ソフトバンクが2年連続の交流戦黒星発進【5/24 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月24日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAと福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、3対4で福岡ソフトバンクが敗戦。惜敗で2年連続の黒星スタートとなった。

 福岡ソフトバンクは初回、今宮健太選手の二塁打などで無死2、3塁の先制機をつくると、柳田悠岐選手の犠飛で幸先よく先制に成功。続くグラシアル選手にも適時打が生まれ、2対0とした。 

 一方の先発は石川柊太投手。3回裏、佐野恵太選手に「交流戦第1号」となるソロ本塁打を浴びて点差は1点に。直後の4回表には、2死3塁という場面で打席に立ったが3球三振に倒れ、自らをバットで援護することはできなかった。

 4回裏に同点打を浴びた石川投手は6回裏、先頭打者の安打から連続犠打で3塁に走者をかかえると、代打・大和選手に直球を右前に運ばれ、勝ち越し点を許した。

 初回以降、沈黙が続いていた打線は7回表、牧原大成選手のレフト前への当たりで俊足の2塁走者・野村勇選手が一気に生還。直近の12試合連続無安打投球を含め、開幕から21試合無失点投球を続けていた伊勢大夢投手を捉え、再び試合を振り出しに戻す。

 しかし8回裏、又吉克樹投手が2死2、3塁のピンチを招くと、捕逸で勝ち越しを許す。9回表は2死から牧原選手がセーフティバントで出塁するも、三森大貴選手が投ゴロに打ち取られ、3対4で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が5.2回10安打3失点と踏ん張りきれず。一時は同点に追いついたが、痛いバッテリーミスで接戦を落とした。なお、この日一軍に昇格した渡邉陸選手が9回表に代打でプロ初出場を果たしている。

  123456789 計
ソ 200000100 3
デ 00110101X 4

ソ 石川柊太-嘉弥真新也-津森宥紀-●又吉克樹
デ 今永昇太-伊勢大夢-エスコバー-S山崎康晃

文・吉村穂乃香
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント