埼玉西武 本拠地で「交流戦グルメ2022」販売決定!

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【交流戦グルメ2022(C)SEIBU Lions】

 埼玉西武ライオンズは、本拠地ベルーナドームでの「日本生命セ・パ交流戦 2022」試合開催日である5月27日(金)から6月12日(日)の期間、各店舗の人気グルメなどを“交流”させ、一度に複数のグルメを楽しめる「ミックスグルメ」と、セ・リーグの対戦チームにちなんだ「対戦カード別グルメ」の販売を発表した。

ローストポーク&ケイジャンチキン 【(C)SEIBU Lions】

 「ミックスグルメ」は、各店舗で人気のメニューどうしを組み合わせたグルメで、一度に複数の味を楽しむことができる。1・3塁両側のバックネット裏、L'sテラスエリアにある<L's Kitchen CENTRAL>では人気のローストポーク&ガーリックライスとケイジャンチキンのジャンバラヤがハーフ&ハーフで楽しめる「ローストポーク&ケイジャンチキン」( 1,150円・税込)が登場。「ミックスグルメ」は全部で19種類、交流戦本拠地開催期間の9日間限定の販売となる。

 「対戦カード別グルメ」は、横浜DeNAベイスターズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープの3チームの本拠地やチームカラーにちなんだグルメが登場。横浜DeNA戦では、青色のスウィートマヨネーズと星形のトルティーヤを使った「スタースウィートマヨポテト」、巨人戦ではオレンジをイメージした「オレンGカクテル」、広島戦では「真っ赤なカキフライカレー」など、目にも楽しい限定グルメをそれぞれ10種類、合計30種類販売する。

左からラムネあん、コーラあん、レモンあんのライオンズ焼き 【(C)SEIBU Lions】

 また、3塁側<狭山茶処 新井園本店>で販売されている、名物甘味「ライオンズ焼き」は、横浜DeNA戦で「ラムネあん」、巨人戦で初登場の「コーラあん」、広島戦で「レモンあん」味(各300円・税込)が登場。交流戦限定グルメをお供に観戦を楽しんでみてはいかがでしょうか!
 
 販売店舗、販売内容などの詳細は球団公式HPまで。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント