投打かみ合った北海道日本ハムが勝利。上沢直之が7回1安打投球でチーム3連勝に導く【5/21 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月21日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第10回戦は、4対0で北海道日本ハムが勝利した。

 3連勝を狙う北海道日本ハムは、序盤から相手先発の内海哲也投手を攻め立てる。初回に野村佑希選手の適時打で1点を先制すると、2回裏には宇佐見真吾選手に3号2ランが飛び出し3対0に。

 一方の先発・上沢直之投手も自身3連勝を狙う。初回を8球で終えると、その後も埼玉西武打線に付け入る隙を与えず。7回表には味方の失策から1死3塁とされたが後続を断ち、リードを守った。

 3回以降、走者を出しながらも追加点が遠かった打線は、7回裏にも無死2塁と得点機を演出。犠打などで2死1、3塁とした場面から万波中正選手に適時打が生まれ、点差を4点に広げた。

 7イニングを投げ切ったところで上沢投手は降板。7回101球1安打4奪三振1四球無失点という圧巻の内容だった。8回表を堀瑞輝投手がつなぐと、プロ通算800試合目の登板となった宮西尚生投手が9回を締め、試合終了。

 北海道日本ハムは、先発の上沢投手が今季初白星から3連勝。打線もチーム全体で10安打を放って援護した。敗れた埼玉西武は、先発の内海哲也投手が4.2回95球6安打3失点。3回以降は粘投を見せたが、序盤の3失点が響いた。

  123456789 計
西 000000000 0
日 12000010X 4

西 ●内海哲也-宮川哲-十亀剣
日 ○上沢直之-堀瑞輝-宮西尚生

文・吉村穂乃香
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント