佐々木朗希がリーグトップタイの5勝目! 13安打8得点の千葉ロッテが快勝【5/20 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月20日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第9回戦は、8対1で千葉ロッテが快勝した。

 千葉ロッテは初回、1番・高部瑛斗選手の安打や2番・中村奨吾選手の二塁打などで1死満塁のチャンスをつくると、押し出し四球と6番・岡大海選手の犠飛により相手先発・千賀滉大投手から2点を奪った。

 さらに3回表、4番・佐藤都志也選手と岡選手の安打などで得た2死2、3塁の好機から、8番・エチェバリア選手の適時打で2点を追加。序盤から4点をリードした。

 先発の佐々木朗希投手は3回裏を3者連続三振に切るなど、自慢の速球を武器に三振の山を築く。6回裏に、無死3塁から3番・柳田悠岐選手の内野ゴロの間に1点を失うも後続を断ち、6回4安打3四死球9奪三振1失点で降板した。

 7回裏を東條大樹投手が無失点で抑えると、直後の8回表、2死からエチェバリア選手と柿沼友哉選手の連打で2死1、2塁と好機を演出。この場面で高部選手が適時二塁打、中村選手、マーティン選手にはそれぞれ適時打が生まれ、6点差に突き放した。

 8回裏は、ゲレーロ投手が3人で退けるピッチングを披露。9回表に佐藤選手の今季初本塁打で1点を追加し、7点リードの9回裏を八木彬投手が締め、8対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、佐々木朗投手が6回1失点でリーグトップタイの5勝目。エチェバリア選手が3安打2打点1盗塁と躍動するなど、打線も13安打8得点と奮起した。

 一方の福岡ソフトバンクは、先発の千賀投手が4回6安打3四球2奪三振4失点と苦戦。グラシアル選手、中村晃選手がマルチ安打の活躍を見せたものの、計6安打1得点に終わり、3連勝とはならなかった。

  123456789 計
ロ 202000031 8
ソ 000001000 1

ロ ○佐々木朗希-東條大樹-ゲレーロ-八木彬
ソ ●千賀滉大-レイ-松本裕樹-笠谷俊介

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント