宇佐見真吾が決勝打! 伊藤大海も好投した北海道日本ハムがで連勝【5/20 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月20日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対埼玉西武の第9回戦は、5対3で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は伊藤大海投手。初回に連打で無死1、3塁とピンチを迎え、愛斗選手の内野ゴロ、山川穂高選手の適時打で2点を失う。しかしその後は安定した投球を見せ、追加点を与えない。追い付きたい打線は2回裏、1死2、3塁とチャンスをつくり、石井一成選手の内野ゴロの間に1点を返す。

 1点ビハインドで迎えた7回裏、1死満塁とチャンスを迎え、宇佐見真吾選手の走者一掃となる適時二塁打、淺間大基選手の適時打で計4点を奪い逆転に成功する。先発の伊藤投手は7回で降板、8回表は石川直也投手が登板したが、連打で1点を失い降板。後を受けた玉井大翔投手が後続を断つと、9回表は北山亘基投手が試合を締めた。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の伊藤投手が7回7安打無四死球4奪三振の内容で今季5勝目をマーク。打線は野村佑希選手が4安打を放ち、宇佐見選手が決勝点となる3点適時二塁打を放つ活躍を見せた。一方敗れた埼玉西武は、先発の高橋光成投手が6.1回7安打2四球5失点で、4月8日以来となる3敗目を喫した。打線も初回以降なかなか得点を奪えず、悔しい逆転負けとなった。

  123456789 計
西 200000010 3
日 01000040X 5

西 ●高橋光成-森脇亮介-ボー・タカハシ
日 ○伊藤大海-石川直也-玉井大翔-S北山亘基

文・成田理亮
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント