田嶋大樹が今季初白星! 大城滉二の本塁打でオリックスが投手戦を制す【5/20 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月20日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天とオリックスの第7回戦は、1対0でオリックスが接戦をものにした。

 オリックスの先発・田嶋大樹投手は、初回、2回裏とそれぞれ得点圏に走者を出しながらも、無失点で切り抜ける。すると打線は3回表、2死から3番・大城滉二選手が2号ソロをたたき込み、1点の先制に成功した。

 田嶋投手は4回裏に無死満塁とされたが、後続を打ち取りそのピンチを脱する。以降は危なげない投球を披露し、7回6安打3四死球7奪三振無失点と、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。

 追加点を挙げたい打線は8回表、9番・佐野皓大選手の安打などで1死2塁のチャンスをつくるも、あと一本が出ず。8回裏はビドル投手がピンチを無失点でしのぎ、試合は1対0のまま最終回の攻防を迎えた。

 1点リードの9回裏は、守護神・平野佳寿投手が3者凡退で抑え、試合終了。オリックスは、田嶋投手が7回無失点の好投で今季初勝利をマーク。大城選手の本塁打で挙げた1点を守り切り、手に汗握る投手戦を制した。

 一方の東北楽天は、先発の瀧中瞭太投手が6回6安打1本塁打3奪三振1失点の粘投。救援陣も無失点リレーを見せたが、打線の逸機が目立ち苦杯をなめた。

  123456789 計
オ 001000000 1
楽 000000000 0

オ ○田嶋大樹-ビドル-S平野佳寿
楽 ●瀧中瞭太-西口直人-鈴木翔天-石橋良太

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント