難コースを克服 ルーキー泉田琴菜が首位

チーム・協会

【<Photo:Ken Ishii/Getty Images>】

 JLPGAステップ・アップ・ツアー2022シーズン第6戦『ツインフィールズレディーストーナメント』(賞金総額2,000万円、優勝賞金360万円)大会第2日が5月20日、石川県小松市・ゴルフクラブ ツインフィールズ ゴールドコース(6,509ヤード/パー72)で行われた。ルーキーの泉田琴菜が通算3アンダーで首位へ浮上。1打差の通算2アンダー、2位はO.サタヤ。今季、ステップ初Vのルーキー・大林奈央も67をマークし、香妻琴乃と並んで通算イーブンパー、3位タイまで迫ってきた。
(天候:曇り 気温:24.9℃ 風速:3.3m/s)

 ついに、アンダーパーは2人だけ。難コースのガマン比べは、見どころがあった。首位に立った泉田琴菜。ところが表情には苦悩のあとがにじんだ。「きょうの、3アンダーは奇跡に近い。最近、ショットの精度が定まりません。次が予想できないようなゴルフですから、本当に苦しかった。でも、パッティングの調子が良かったから助かった」と大きく息を吐き出した。

 最大のポイントはパー3の12番。ピン右上10メートルで、しかも下りの難しいラインだった。「フェースの芯でストロークできたけど、ちょっと強い」といい、「強く打てたから、フックラインで思ったほどボールが切れずにすんだ。カップインした時、ガコーンという音がした」という。11番でボギーを叩いただけに、このバウンスバックが大きい。

 流れを引き戻し、再びチャンス到来を待った。2オンに成功したパー5の17番は、ピン右から2パット。さらに最終18番は左ラフから、見事なショットでピン2メートルへボールを運んだ。連続バーディーのムービングデーである。

 昨年11月、最終プロテストに合格。今季はJLPGAツアー1試合、ステップが3試合目の出場だ。首位はもちろんだが最終日、最終組も初体験である。「緊張するとは思います。でも、どの組だってプレーをすることには変わりはありません。ただ、難しいコースですから、攻めるばかりではボギーもたくさん叩く。2パットでもいいーと私へ言い聞かせながら、ベストを目指します。周囲のことは気にしません」と、ひたむきな姿勢が好感だった。

 さらに、「優勝争いができることがうれしい。今まで、試合でこんな経験をしたくて頑張ってきたわけですからね」。笑顔で結んだ。さわやかな態度で、プレースタイルは粘りが身上。お手並み拝見と行こう。

(ステップ・アップ・ツアー担当・新納 智明)
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が運営する公式サイトです。女子プロゴルフツアーのスケジュールをはじめ、試合速報、選手のスタッツ、各大会の最新ニュースやクォリファイングトーナメント(QT)、プロテスト、レッスンの情報などを配信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント