正真正銘の自在派 山崎郡がバリバリ活躍する

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE 山崎郡】

異色の経歴を有する者や他ジャンルからの転身組が増えてきたボートレース界。
山崎郡(ヤマザキ・グン)【写真2枚とも】もその1人である。
“グン”という名前を聞いて心が動くとしたら、50代が主だろう。
週刊少年マガジンに、オートバイ漫画の金字塔ともいえる「バリバリ伝説」の掲載が始まったのが1983年。以降、愛読者を増やし続け1991年の連載終了まであしかけ9年。単行本38巻を世に送り出した伝説のシリーズである。いまの50代の青春時代と重なっている。

その物語の主人公がオートバイの魅力に引き込まれた巨摩郡(こま・ぐん)である。

特徴的な名前ゆえダブるのは当然だが、それだけにとどまらない。
ボートレーサー山崎郡は、「バリバリ伝説」そのままにトップライダーとして鈴鹿選手権や全日本ロードレース選手権で活躍してきた逸材なのだ。

【(C)BOATRACE 山崎郡】

その実績と能力と将来性をひっさげボートレース界に飛び込んできただけに、レースの完成度は高い。 ミスや取りこぼしが少ないのだ。
勝負に対するシビアさは、まさにグンを抜いている。

ただ、安定感があるといっても守りに徹しているわけではない。
どちらかといえばチャレンジャーである。

「型にはまったら伸びない」「何をやるか判断する時にひらめきが重要…」と語るのだ。

前走者が1節かけて調整・整備したモーターをそのまま受け入れるのも同じ。 「意外な発見がある」という。ゲージが合わなければノーハンマーで通すことも…。 「乗り方や操縦も仕上がり具合によって変わります。すべてに型がないのがいまの自分…」と話す“本物の自在派”は実に頼もしい。

SGには過去3大会出場しているが、ボートレースオールスターは初。G1・SGタイトルはないものの、来期を含め12期連続A1という実績はファンの信頼に値する。

残念ながら、現在参戦中の鳴門G1は予選クリアできなかったが、続くのが宮島SGボートレースオールスター。バリバリ活躍し伝説を残してほしいものだ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント