【BOATRACE】毒島誠が鮮やか3連勝で得点率トップ! 山口剛も巻き返し成功 G1鳴門大渦大賞

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 徳島県鳴門市のボートレース鳴門で「G1大渦大賞 開設69周年記念」は17日、3日目が行われた。風向きこそ不安定だったが、強い風は吹かなかった。3日目は毒島誠【冒頭の写真】、馬場貴也、山口剛がそれぞれ連勝。2日目からだと3連勝の毒島が、得点率9.20(5走46点)でトップに立った。

 その毒島。3日目は2走とも的確な差しハンドルを見せた。前半5Rは2コース戦。1マークはイン伊藤将吉を回す形で、ややターンで行き過ぎた。大外から佐藤翼のまくりも飛んできて、バックは3人による首位争いとなったが、2マークを先取りして抜け出した。

 後半11Rの毒島は5コースから、1マークは3、4コースの茅原悠紀、柳沢一が握り合う展開を見ての差しハンドル。こちらもバックは逃げる深川真二、2コース差しの赤岩善生との攻防となったが、内有利に2マーク先マイ、鮮やかに振り切った。得意の海水面でペラ調整を合わせ、ターン後の押しが目立ち2走とも展開を見事に引き寄せた。

 そんな毒島は4日目12Rに登場する。枠番、メンバーは次の通り。

<鳴門 4日目 12R 予選>
1枠 丸野 一樹(滋賀支部)得点率 6位
2枠 土屋 智則(群馬支部)得点率15位タイ
3枠 堀本 和也(徳島支部)得点率11位
4枠 毒島  誠(群馬支部)得点率 1位
5枠 鶴本 崇文(大阪支部)得点率13位
6枠 里岡 右貴(福岡支部)得点率 7位

 毒島は1回乗りで、予選首位通過をかけた戦い。4枠なら枠なりの4コース戦か。得点率11位で準優へ2走勝負の3枠堀本和也の攻めを見て、1マークは鋭角ターンで切り込む。

 ただ、ライバル陣も手ごわい。1枠丸野一樹は3日目に3、6着と崩れて、得点率は6位に後退。ここを逃げて準優1枠取りを狙う。また、得点率15位タイで準優へ2走勝負の2枠土屋智則や、外から展開をとらえる鶴本崇文、里岡右貴も侮れない。

【(C)BOATRACE】

 山口剛【写真上】も2日目連勝。特に前半1Rの勝ち方が際立った。5コース戦で、1マークはイン片岡雅裕に対して2、3コースの山崎郡や興津藍が握る形。4コース林美憲とともに差したが、スピードを持って割り差した。

 後半8Rの山口は冷静にイン先制を果たした。16号機は、前回のGW戦で菅章哉が後半4連勝でまとめたモーター。連日のペラ、本体調整が実って、出足関係は軽快に映った。得点率は9位まで上昇し、4日目は11R2枠の1回乗り。3連勝を決めて、準優内枠取りを狙う。

【(C)BOATRACE】

 地元徳島勢は、田村隆信の得点率4位が最高で、準優ボーダーの18位までには堀本和也(11位)、菅章哉(14位)、市橋卓士(15位タイ)【写真上】、林美憲(18位タイ)が位置する。中でも、市橋は3日目9Rでイン速攻を果たし、シリーズ初勝利。4走してコンマ08、10、08、08と仕掛けが切れまくっている。勢いに乗って、4日目5、11Rの勝負駆けに臨む。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント