厳しい勝負の世界で新しい航路を開く“新開航”

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE 新開航】

「同期優出一番乗り!」
これは、新開航【写真3枚とも】のデビュー当時の宣言である。
修了記念競走優勝の板橋侑我をはじめ、養成所勝率1位だった宮之原輝紀のほか、栗城匠・吉川貴仁・木谷賢太など精鋭ぞろいの118期にあって、あえて高い目標を掲げたのだ。

野球が大好きで、小学生時代に全国制覇。香港で開催された世界大会に出場したこともあるアスリートは、「あの緊張感いっぱいの経験が大きいかもしれません…」とプロレーサーになってからの足跡を振り返っている。大舞台が人を成長させたといっていい。位負けしないのだ。

野球少年は、のちに国立宮崎大学に進学することになるが、「テレビを見て気になっていた」ボートレーサーの夢を捨てることができなかったという。
「競い合うこと」「努力すること」「しびれるような場面に身を置くこと」が合っているのだ。
大学卒業を待たず養成所に入所している。

【(C)BOATRACE 新開航】

そして、その素質はいきなり開花した。
デビュー4走目にしての1着である。
舞台は地元芦屋。6コースからの鋭い差しだった。
3連単は22万6310円、2連単に至っては57万9900円という超高配当をたたき出している。
ちなみに5月16日現在の2連単歴代高配当トップである。2番目が27万9520円であるからいかに突出しているかが分かる。
同期一番乗りの水神祭だった。

そして、宣言通り「同期優出一番乗り!」も実現する。
2017年8月の浜名湖、準優では6コースから5艇を完全に沈めて優出している。優勝戦は道中追い上げての2着だった。

その直後、「優勝も一番乗りしたい」と口にした新開航はこれも現実にする。
2018年1月の芦屋だった。不利な6コースから鮮やかにまくり差しを決めたのだ。
まさに“有言実行の人”である。

記念タイトルは栗城匠(2021年5月平和島周年記念)と板橋侑我(2021年11月浜名湖周年記念)に先を越されているが、いま最も調子のいいレーサーと言ってもいい状況にある。

【(C)BOATRACE 新開航】

今年、ここまで5回の優勝を飾っているのだ。

戸田ルーキーシリーズ(1月)・尼崎一般戦(2月)・平和島ルーキーシリーズ(3月)・唐津一般戦(4月)・児島レディースVSルーキーズバトル(5月)である。

レースに思い切りがあり、鮮やかなターンで一気に混戦を抜け出してくるのが新開航の特徴。
「まくり差しが好きです」という発言は覚えておきたいものだ。

次のあっせんはあす18日が前検で、19日が初日の桐生一般戦。
その後、下関(5月29日〜)
尼崎(6月11日〜)
若松(6月19日〜)と続き、相性抜群の芦屋に戻ってくる。
6月28日から7月3日の芦屋はG2モーターボート大賞「次世代スターチャレンジバトル」。当然、大看板である。

その時までにいくつ優勝を重ねるだろうか。興味は尽きない。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント