前節復帰戦で大活躍のキャプテン中溝優生が2試合連続の本塁打(ツーラン)でこの試合を優位に進める。3回裏には松木瑛里のセンターオーバーホームランで追加点を挙げる。守っては、先発の寺田愛友が何度かピンチを乗り切り完封勝利、今季5勝目。

太陽誘電ソルフィーユ
チーム・協会

【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

試合結果 (第6節:宇津木スタジアム) 5月14日(日)14:00〜

大垣ミナモ
  0 0 0 0 0 0 0  0
  2 0 1 0 0 0 X  3
太陽誘電 ソルフィーユ
(大垣)●ハイランド・中山-長井
(太陽)○寺田-上林
本塁打:中溝・松木(太)、3塁打:なし、2塁打:なし

初回、原田のどか三遊間を抜くレフト前ヒット 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

中溝優生がレフトオーバーツーランホームランを放つ 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

この試合、太陽誘電ソルフィーユは寺田愛友投手、大垣ミナモはシエラ・ハイランド投手で始まる。初回表、長井美侑のサードライナーを永友遥がファインプレー!その後、ヒットとフォアボールで二死一二塁とされるが後続を三振とし無得点。その裏ソルフィーユは原田のどかが三遊間を抜くレフト前ヒットで出塁すると、中溝優生がレフトオーバーツーランホームランを放ち先制する。2回表もフォアボールとポテンヒットで一死一二塁ピンチを迎えるが後続討ち取り無得点。3回表もピンチを招くが辛抱強く粘り無得点に抑える。その裏、ソルフィーユは 松木瑛里のセンターオーバーソロホームランで3点差をつける。その後、6回表、内野安打2つ阿部里奈のライト前ヒットで二死満塁のピンチ、ここも粘って無得点に抑え、最終回は三者凡退で試合終了。太陽誘電ソルフィーユはこの試合「3-0」で快勝でした。

3回裏ダメ押しのソロホームラン、松木瑛里をソルフィーユナインが迎え入れる 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

完封勝利の寺田愛友投手 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

太陽誘電ソルフィーユ

チーム創立は1984年10月、所在地は群馬県高崎市栄町8-1。1987年から1部リーグに在籍しており、リーグ優勝は6回、準優勝5回達成した強豪チームです。今年のチームスローガン “つなぐ、つなげる。” を合言葉に、日本リーグ優勝・日本一に向かってチーム一丸となって挑戦します。「ソルフィーユ/SOLFILLE」という名前に負けないよう、多くのかたから“愛されるチーム”を目指します。 ・チーム名由来 フランス語の太陽(Soleil/ソレイユ)と、女の子(Fille/フィーユ)を組み合わせた名前です。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント