【体操】NHK杯1日目:逆転優勝の宮田笙子、2位の笠原有彩、3位の山田千遥が世界選手権代表に

Olympics.com
チーム・協会

【(C)Getty Images】

体操の第61回NHK杯が5月14日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕。初日は、4月に開催された第76回天皇杯・全日本個人総合選手権の上位24名が出場する女子の演技が行われた。全日本選手権の得点が持ち越されるNHK杯。全日本2位の宮田笙子(鯖江体操スクール)が逆転優勝した。

全日本1位の笠原有彩(レジックスポーツ)は2位。同3位の山田千遥(朝日生命体操クラブ)が3位となった。NHK杯の上位3名は、10月にイギリス・リバプールで開幕する世界体操競技選手権大会の日本代表となる。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Olympics.com

IOCオフィシャルメディア、オリンピックチャンネルの公式アカウントです。オリンピックに関わるスポーツのニュースやコラム、読者の皆様に役立つ情報をお届けします。またオリンピックのドキュメンタリー映像やメダリストたちの名場面集など、動画コンテンツの配信も行っています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント