【BOATRACE】前田紗希ら若き江戸川巧者たちが躍動! 江戸川ヴィーナスシリーズ

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 江戸川ヴィーナスシリーズ(5月11日〜16日開催)が開幕した。初日メーンカードの12R江戸川選抜戦は1号艇の遠藤エミ(滋賀)が快勝。インからコンマ09のトップスタートで逃げ切った。2着には2号艇の浜田亜理沙(埼玉)、3着には4号艇の長嶋万記(静岡)が入り、3連単1-2-4で910円の2番人気決着となっている。なお遠藤は前半7Rも4コースまくりで勝っており、初日2連勝で予選首位に立っている。

 さて初日のレースを振り返ると、目立ったのは若手の江戸川巧者たちだ。

 115期の前田紗希(埼玉)【冒頭の写真】は3Rで2コースまくり一撃。後半8Rも道中追い上げて3着に連絡みし、得点率8.00で予選9位につけている。

 前田は江戸川出場が過去2節しかないが、当地前走となる2019年12月の一般戦で優出する活躍。5コースまくり差し、イン逃げ、6コースまくり差しと派手な勝ちっぷりを連発して予選を突破し、準優で2着に入って優勝戦まで勝ち上がっている。

 前田は4月末に締め切られた前期勝率で5.89をマークして、7月からはA2級初昇格を決めるなど近況実力急上昇中。今節のV争いをにぎわしても不思議ではない存在だろう。

【(C)BOATRACE】

 124期の大石真央(静岡)【写真上】は2Rでイン逃げ快勝。コンマ09のトップスタートで逃げ切った。後半9Rも3コースから3着にまとめ、得点率8.50で予選7位につけている。

 大石はこれまで江戸川を4節走り、当地通算勝率は4.14(今節開幕時点)という数字。これは大石にとって24場のなかで下関(4.61)、若松(4.22)に次いで3番目に高い勝率だ。

 当地前走は昨年6月の江戸川オールレディースで、このときは4コースまくりと3コースまくりで節間2勝をマークする活躍。減点10が響いて得点率4.83で予選落ちしたが、もし減点がなければ得点率6.50という高い数字だった。波風を苦にしないタイプだけに2日目以降も注目しておきたい。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することが出来る。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACE

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント