【陸上】セイコーGGP男子100m:クリスチャン・コールマンが優勝...2位に小池祐貴

Olympics.com
チーム・協会

【Getty Images】

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京が5月8日、国立競技場(東京都新宿区)で開催された。男子100mは、ドーハ2019世界陸上競技選手権の金メダリスト、クリスチャン・コールマン(アメリカ合衆国)が決勝で10秒09をマークして優勝。Tokyo2020日本代表の小池祐貴(住友電工)は10秒22で2位だった。

小池はオレゴン2022世界陸上競技選手権の参加標準記録(10秒05)突破はならなかったものの、「大変貴重な経験になった。タイムは残念だが、走りの感覚は悪くなかった。(今後は)世界選手権のファイナル(決勝進出)を目指して頑張りたい」とコメントしている。

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Olympics.com

IOCオフィシャルメディア、オリンピックチャンネルの公式アカウントです。オリンピックに関わるスポーツのニュースやコラム、読者の皆様に役立つ情報をお届けします。またオリンピックのドキュメンタリー映像やメダリストたちの名場面集など、動画コンテンツの配信も行っています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント