オリックス対福岡ソフトバンクはドロー。山崎颯一郎は6.2回無失点の好投【5/8 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月8日、杉本商事バファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦第9回戦は、2対2で引き分けに終わった。

 オリックスは1回裏、先頭の福田周平選手が安打で出塁すると、続く大城滉二選手が粘りを見せて四球を選ぶ。この無死1、2塁の好機から、3番・杉本裕太郎選手が適時打を放ち、1点を先制。さらに、無死満塁で5番・渡部遼人選手にも適時打が生まれ、初回から2点を挙げた。

 先発の山崎颯一郎投手は、3回表から4イニング連続で3者凡退に切るなど、6回表まで福岡ソフトバンク打線をわずか1安打に抑え込む。7回表は四球と安打で走者を許すも、後続を2者連続三振に切り、6.2回2安打3四球7奪三振無失点で降板。2死1、3塁の場面で後を継いだ山田修義投手は、代打・明石健志選手を内野ゴロに打ち取った。

 8回表を海田智行投手が無失点で抑えるも、9回表に中田惟斗投手が2失点。最終9回裏は、3者凡退に倒れ、2対2で試合終了。

 オリックスは、山崎颯投手が6.2回無失点の好投を披露。なお、復帰後公式戦初出場の福田選手が2打数1安打、杉本選手は1安打1打点と存在感を見せた。

 福岡ソフトバンクは、先発の中道佑哉投手が5回5安打3四球2奪三振2失点と粘投。救援陣も無失点リレーを披露した。一方の打線は9回表に、明石選手と緒方理貢選手に適時打が生まれ、ドローに持ち込んだ。

  123456789 計
ソ 000000002 2
オ 200000000 2

ソ 中道佑哉-尾形崇斗-泉圭輔-椎野新-中村亮太
オ 山崎颯一郎-山田修義-海田智行-中田惟斗

文・高橋優奈
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント