ドイツ代表DFシュロッターベックを獲得

ボルシア・ドルトムント
チーム・協会

【@BorussiaDortmund】

ドイツ代表DFニコ・シュロッターベックが2022/23シーズンからボルシア・ドルトムントに加わります。SCフライブルクに所属する身長191cmのセンターバックは本日ドルトムントでメディカルチェックを行い、2027年6月30日までの契約を結びました。

「ニコ・シュロッターベックは若いドイツ代表であり、著しい成長を遂げています。BVBに完璧にフィットする選手と言えるでしょう」とミヒャエル・ツォルクSDはコメントしています。

ツォルクSDの後任であるセバスティアン・ケールは「私も若い代表選手として同じ年でフライブルクからBVBにやって来たので、ニコの道のりは私自身のもとの重なります」と語っています。「当時の私と同じように、ドルトムントが彼の新たなホームとなることを願っています。ニコはまだ完成された選手ではなく、大きなポテンシャルを持っています。多くのクラブが興味を示す中で彼は最も高額なオファーではなく、サッカー選手として成長するためにBVBを選んでくれました。ニコが長期の契約を結びボルシア・ドルトムントへのコミットメントを示してくれたことを非常に嬉しく思っています」

シュロッターベックはSCフライブルクでこれまで53試合に出場、2020/21シーズンに期限付き移籍したウニオン・ベルリンでは18試合に出場しており、3月にはA代表デビューを果たしています。

「全ての関係者と話をし、今日2022年夏のボルシア・ドルトムントへの移籍を発表することを決断しました。これによりSCフライブルク、ボルシア・ドルトムント、そして自分自身の立場を明確にしたいと思っています」とシュロッターベックはコメントしました。「フライブルクでのシーズンの残り3試合に完全に集中することは、私にとって重要です。その後でボルシア・ドルトムントで新たな責任を負うことを楽しみにしています」

シュロッターベックはバイエルン・ミュンヘンからの加入が決定しているニクラス・ズーレに続いて、来シーズンに向けて2人目の守備の補強となります。=
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ボルシア・ドルトムント

ボルシア・ドルトムント(通称:BVB)は、1909年12月19日に誕生し110年以上の歴史を持つドイツのサッカークラブです。ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州・ドルトムントに本拠地を置き、ドイツリーグ1部(サッカー・ブンデスリーガ)に所属しています。ドイツリーグ8回、DFBポカール(カップ戦)3回、DFLスーパーカップ4回、UEFAチャンピオンズリーグ1回、UEFAカップウィナーズカップ1回、インターコンチネンタルカップ1回というタイトルを保持するドイツ屈指の名門チームです。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント