カンビー(スティーブ・カンバーランドヘッドフォワードコーチ)、ありがとう

チーム・協会

【コベルコ神戸スティーラーズ】

4月17日、カンバーランドヘッドフォワードコーチが急逝した。
選手たちに報告されたのは、翌日の18日。
2日前には、埼玉・熊谷で行われた埼玉パナソニックワイルドナイツ戦にも帯同していたし、この週の全体練習もグラウンドに立っていた。
まだ57歳。誰もが「カンビーが亡くなった」という事実を受け入れることができなかった。「嘘やろ…」と皆が言葉を失った。
カンバーランドコーチがチームを指導するようになったのは、2008年シーズンから。当時、入団3年目で1年目からレギュラーとして活躍していたPR平島選手は「スクラムを組む時の手や足の位置などを教えてもらっています。スクラムについて、こと細く指導してもらったのは初めてのことなので、すべてが新鮮です」と目を輝かせていたっけ。その年の秋に平島選手は、日本代表に初めて選出された。
平島選手は「カンビーに教えてもらわなかったら、代表に入れなかったと思います。代表の試合もカンビーはチェックしてくれていて、気がついたことなどをメールで送ってくれました」と振り返る。
2008年シーズンに入団したPR山下(裕)選手も、カンバーランドコーチの指導を受けて成長していった。
「カンビーからプロップはチームで一番元気でなければいけないと言われました。僕がチームの元気印であり続けるのは、カンビーの言葉があったから」と話す。
ペタペタと裸足でクラブハウスを歩く姿は、失礼ながら普通のおじさんだった。
スーパー14(当時)のハイランダーズでカール・ハイマン、アントン・オリバーといった最強のフロントローを育てた凄腕コーチとは思えない、気さくな雰囲気で、みんなから親しまれていた。
「スクラムが好きな、ええおっちゃん。スクラム、ビール、ゴルフが好きでしたね」と山下(裕)選手。平島選手も「合宿最終日はフロントローを集めて、誰よりもたくさんビールを飲んでいました」と回顧する。
こんな形でお別れすることになるとは思ってもいなかったけれど、選手、スタッフの心の中でカンバーランドコーチは生き続ける。
平島選手は「カンビーに指導してもらって良かった。カンビーが来て、僕だけでなく、チームのスクラムが変わりましたから」と語る。
平島選手の原点は、カンバーランドコーチから言われてきた「マイボールであっても、相手ボールであっても、スクラムでプレッシャーをかけ続ける」というマインド。
「スクラムを組む上での僕のベースは、カンビーがつくってくれました。それを後輩たちに継承していきたい」
平島選手はカンバーランドコーチにそう誓う。
山下(裕)選手も
「僕がチームにいる限りは、良いスクラムを組み続けたいですし、引退後も、後輩たちに引き継いでいかないといけないと思っています」と決意する。
カンビー、コベルコ神戸スティーラーズのために、日本のラグビーの発展のために貢献してくれて、ありがとう。どうか、安らかにお眠りください。

文・山本暁子(チームライター)

2016年から2シーズン、近鉄ライナーズ(当時)でコーチを務めた後、2018年シーズンから再び神戸スティーラーズのFWコーチに就任した。 【コベルコ神戸スティーラーズ】

スクラムを指導するスティーブ・カンバーランドコーチ。 【コベルコ神戸スティーラーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

コベルコ神戸スティーラーズ

1928年創部。1988年にチームの愛称である「Steelers」の文字をジャージに採用し、人とボールがよく動く「クリエイティブラグビー」を信条に、1989年の日本選手権で初優勝を収める。以降、1995年まで連続で日本一を勝ち取り、歴代最多タイ記録となる7連覇を達成。2003年度より開幕したジャパンラグビートップリーグでは初代王者に輝き、2018年にはシーズン無敗で日本一に輝いた。 2022年から開幕する「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」では、チーム名を「コベルコ神戸スティーラーズ」とし参戦する。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント