【バレー/Vリーグ】サントリーサンバーズが2年連続9度目の優勝

チーム・協会

【@V.LEAGUE】

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN V.FINAL STAGE結果・最終順位・個人賞

 2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子) V.FINAL STAGEのファイナル第2戦が、本日千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)で行われ、サントリーサンバーズがウルフドッグス名古屋を3-0で下し、突入したゴールデンセットでも勝利を重ね、2勝1敗としてファイナルを制し、今シーズンの優勝を収めました。サントリーサンバーズは2年連続9回目の優勝となります。

V1男子 FINAL 4/17の試合結果 【©V.LEAGUE】

V・レギュラーラウンドを2位通過して、先週土曜日(4/9)にこのはなアリーナ(静岡県草薙運動場体育館)で行われたファイナル3に臨んだサントリーサンバーズはゴールデンセットの末、パナソニックパンサーズに勝利しファイナルへ駒を進めました。翌日曜日(4/10)に行われたファイナル第1戦ではレギュラーラウンド優勝のウルフドッグス名古屋に3-0で敗れ、0勝1敗と後が無い状態で、千葉でのファイナル第2戦を迎えました。

 ゲームは序盤からサントリー・オポジットのムセルスキー, ドミトリー選手を中心にアタッカー陣が多彩な攻撃を見せ、小野遥輝選手と彭世坤選手も要所でブロックを決めるなど、攻守共に相手チームを上回ったサントリーが第1戦の結果から逆転で優勝を果たしました。V・ファイナルステージの成績は、サントリーが優勝、2位にWD名古屋、3位にパナソニックとなり、以後はV・レギュラーラウンドの順位となります(下記参照)。

 本日の結果を受けて個人賞も決定しました。サントリーの大宅真樹選手は最高殊勲選手賞に選ばれたほか、ベスト6に選ばれるなど、2部門での受賞を成し遂げました。敢闘賞のWD名古屋のクレク選手は、スパイク賞(アタック決定率)も取り、ベスト6に選ばれるなど、3部門での受賞。また、東レアローズからは、パダル, クリスティアン選手が得点王とサーブ賞(サーブ効果率)の2部門で、高橋健太選手もブロック賞とベスト6の2部門で受賞した他、富田将馬選手もレシーブ賞を受賞しました。東レは、V・レギュラーラウンドを4位で終えて、惜しくもV・ファイナルステージへの出場を逃したにもかかわらず、個人賞では多くの部門で受賞するなど、個々の選手の活躍が浮き彫りとなりました。最優秀新人賞には、大学生で出場したパナソニックパンサーズの大塚達宣選手とジェイテクトSTINGSのルーキーの 村山豪選手の2名が選ばれています。(その他は下記を参照)。

 今日のV1男子のファイナル第2戦をもってすべての試合が終了して、2021-22 V.LEAGUEの幕を閉じました。男女5つの全カテゴリーにおいて新型コロナウイルス感染症拡大によって中止試合、再試合、みなし開催があった他、V1男子とV2女子では勝利数から勝率に変更しての順位付けの措置が講じられました。

選手やチームスタッフは、中止試合や再試合などで生じた過密なスケジュールにもかかわらず、熱戦を繰り広げてきました。また、開催地の都道府県バレーボール協会の皆様にも献身的に支えていただき、大会を開催して参りました。そして、何よりもファンの皆様には入場数制限やリモート(無観客)開催など、いろいろな不自由をお願いしたにも関わらず、熱い声援を送っていただきました。振り返れば、シーズンを通じて、本当に多くの方々のご理解とご協力をいただいたことに、深く御礼申し上げます。次シーズンに向けて、皆様から頂いたご指摘をもとに、よりエキサイティングなVリーグをお届けできるように、工夫をして参りたいと存じます。引き続きのご愛顧の程、よろしくお願い致します。

試合終了後会見コメント

サントリーサンバーズ

山村宏太監督:まだ僕の中で興奮が収まっていない。率直な感想として信じられないという言葉が今の心境。先週は悔しい敗戦だったが、そこから1週間で今日のパフォーマンスを持ってきてくれた選手を信じられないし、今日の嬉しい結果を出してくれた選手のパフォーマンスも信じがたいくらい出来すぎだったのか、そこに持っていけた選手もすごい。本当に信じられないという感想がいちばんしっくりくる。

大宅真樹キャプテン:今シーズンの最後にふさわしい素晴らしい試合が出来た。まずは目標のひとつとしていたことが達成できたのでほっとしている。黒鷲旗、アジアクラブ選手権あるので二つとものタイトルを目標にしているのでもう一度チーム一丸となって二大会も頑張りたいと思っている。

ウルフドッグス名古屋

マクガウン, クリス監督:サントリーさんに本当におめでとうございますと申し上げたい。シーズンで一番の試合をこのチャンピオンシップの試合で発揮されたと思うし、素晴らしいプレーをされたことをたたえたい。選手達は一生懸命練習を積み上げてきてやっとこの場に立てることが出来たが、この最後のチャンピオンシップの場で一番いいプレーができなかったことを本当に残念に思うし悔しい。

クレク, バルトシュキャプテン:シーズンの一番大事なところで最も悪い試合の一つになってしまった。今日の試合に限っていうと私自身のやるべきことがやれなかった。私のプレーでみんなに貢献できなかったことは、非常に悔しく思うし、その結果自分たちにとって難しい試合になってしまった。改めてサントリーさんは優勝に値する素晴らしいプレーだった。

2021-22 V. LEAGUE DISIVION1 MEN V.FINAL STAGE

V1男子ファイナル3
4月9日(土)16:00〜 このはなアリーナ(静岡県草薙総合運動場体育館(静岡県静岡市)
サントリーサンバーズ 2(19-25, 25-19, 23-25, 25-21, 10-15)3 パナソニックパンサーズ
ゴールデンセット: サントリーサンバーズ  1(25-21)0 パナソニックパンサーズ

V1男子ファイナル
第1戦 4月10日(日)12:00〜 このはなアリーナ(静岡県草薙運動場体育館(静岡県静岡市)
ウルフドッグス名古屋 3(25-19, 28-26, 25-21)0 サントリーサンバーズ
第2戦 4月17日(日)14:00〜 千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)
ウルフドッグス名古屋 0(16-25, 21-25, 17-25)3 サントリーサンバーズ
ゴールデンセット:ウルフドッグス名古屋 0(17-25)1 サントリーサンバーズ

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN 最終結果 【©V.LEAGUE】

2021-22V.LEAGUE DIVISION1 MEN 表彰選手

個人賞 【©V.LEAGUE】

個人賞 【©V.LEAGUE】

栄誉賞 【©V.LEAGUE】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント