トヨタレッドテリアーズ笑顔の6連勝‼

トヨタレッドテリアーズ
チーム・協会

【来日初本塁打を放ったバッバ・ニクルス選手】

打った!繋いだ!13点!

ニトリJDリーグ2022第3節北九州ラウンド。開幕から連勝で首位をひた走るトヨタレッドテリアーズは4/16(土)のこの日、北九州市桃園球場で地元タカギウォーターウェブと対戦し13対4と快勝した。

敵地とあって、スタンドにはタカギファンが目立ったこの日の試合だったが、若てりあーずナインは動じなかった。
初回、伊波菜々が四球を選びランナーに出ると、四番下山絵理が前節に続く先制アーチで2点を奪取する。すると勢いを掴んだレッドテリアーズ打線はその後も流れを留める事なく小刻みに点を加え、6回には長谷部陽香が2ラン、7回には、バッバ・ニクルスが来日初となる1号ソロでダメ押した。終わってみれば2回を除く毎回得点の13点快勝。相手に流れを寄せ付けることなく、無傷の6連勝を飾った。


〜高卒ルーキー二人デビュー〜
今シーズンのトヨタレッドテリアーズ。新加入選手には新外国人のバッバ・ニクルス、ホンダから移籍の藤家菜々子、大学卒の山田柚葵澤田望愛、高卒組には後藤実来内野手、石堂紗雪投手、的場明投手らが新戦力として加わった。

高卒ルーキーの後藤実来は持ち前の打力を買われ開幕戦代打で出場するなど既にリーグデビューを果たしており、その他の新加入選手も石堂、的場、両投手を除いてリーグ出場していた。
そんな二人にもとうとうチャンスがくる。
最終回、12点リードで迎えたレッドテリアーズ。この日リリーフに回った三輪さくら投手が1アウトを取ると球場内に初めてのアナウンスが流れた。的場明。緊張からか最初の打者に四球、次打者にホームランを浴びせられたが、続く打者をセンターフライに打ち取り、1アウトを投げきった。続いて的場の後を繋いだのは石堂だ。デビュー戦らしからぬ堂々とした投球で3アウト目をとり二人同時にリーグデビューを果たした。

若てりあーずの中の若若てりが初々しく初登板を経験しさらなる飛躍をする時、チームはもっともっと強くなる。

明日は首位攻防となる好調SGHとの戦い。

チャレンジャーとして日々全力で戦うトヨタレッドテリアーズ。明日も自分たちを信じて立ち向かう。

立ち上がれっどてりあーず!

堅守と好打で活躍の石川恭子内野手 【トヨタレッドテリアーズ】

ダメ押し2ランを放った長谷部陽香選手を迎えるナイン 【トヨタレッドテリアーズ】

リーグ初登板の的場明投手 【トヨタレッドテリアーズ】

デビュー登板の石堂紗雪投手 【トヨタレッドテリアーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

トヨタレッドテリアーズ

トヨタ自動車女子ソフトボール部レッドテリアーズの創立は、1948年。 女子ソフトボールリーグに第1回から参戦する最古参のチームで、優勝を多数経験しており、 2010年~2012年には三連覇を果たしている。 チームのセカンドネーム『レッドテリアーズ』は、チームカラーの『レッド』とチームキャラクターの『ヨークシャ・テリア(キャラクター名:ルーキー)』を合わせたもの。ヨークシャ・テリアという犬種は、「小柄ながらエネルギッシュで探求心が強い」「攻撃的な側面を持ちながら知的でもある」という特徴があり、その気質はチームの志としています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント