ラ・リーガ・サンタンデール、第32節プレビュー

ラ・リーガ公式
チーム・協会

【(C)LaLiga】

今週末に行われるラ・リーガ・サンタンデール第32節は、順位表の上から下まで重要な直接対決がいくつも組まれている。中でも注目すべきはレアル・ソシエダ対ベティス、セビージャ対レアル・マドリーの上位対決、そして残留争いを左右する3つの直接対決だ。

【(C)LaLiga】

【(C)LaLiga】

今節の幕開けとなる一戦は4月15日(金)のレアル・ソシエダ対ベティス。どちらも来季のチャンピオンズリーグ出場を目指すためには勝利が必要であり、引き分け以下なら4位争いから一歩後退することになる。共にここ4戦は3勝1分と良い流れを維持していることもあり、好勝負が期待できそうだ。

4月16日(土)は残留争いの直接対決が2試合続く。前節アトレティコ・マドリーを破って7連敗の流れを断ち切り、17位へ浮上したマジョルカは勝ち点3差の15位エルチェと対戦。最下位アラベスはフリオ・ベラスケス新体制での初勝利を目指し、13位ラージョ・バジェカーノをホームに迎え撃つ。

勝ち点1差で無風地帯につけるバレンシアとオサスナの中位対決に続き、土曜の現地時間21時からはヘタフェ対ビジャレアルが行われる。ビジャレアルはチャンピオンズリーグ準決勝進出の快挙に沸く反面、バイエルン・ミュンヘンとのハードなアウェー戦を戦ったばかりで心身の疲労が懸念材料だ。しかもヘタフェはホームで10戦負けなし中(7勝3分)。厳しい戦いを強いられることになりそうだ。

前節マジョルカはヴェダト・ムリキのPK弾を守りきりアトレティコを撃破。ハビエル・アギーレ新監督の指揮下で初勝利を挙げた 【(C)LaLiga】

ラ・リーガでは3戦未勝利が続くビジャレアルだが、チャンピオンズリーグでは2005/06シーズン以来の4強入りを果たした 【(C)LaLiga】

4月17日(日)のラ・リーガ・サンタンデールも16位グラナダと19位レバンテによる重要な下位対決から始まる。前節グラナダはセビージャ、レバンテはバルセロナに敗れたものの、強豪相手に好勝負を繰り広げた。どちらもトップ10に入る得点力を擁しているだけに、勝負の鍵は守備面にありそうだ。

日曜の2戦目はアトレティコ対エスパニョール。前節マジョルカ戦で痛恨の黒星を喫したアトレティコは、水曜のマンチェスター・シティー戦でも1点が奪えずチャンピオンズリーグの4強入りを逃した。厳しいスケジュールが続くが、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保するためにはこれ以上の足踏みが許されない。エスパニョール、グラナダと対戦する今節からのホーム2連戦では確実に勝ち点6を手にしたいところだ。

共に今季の目標を見失いつつあるアスレティック・クルブ対セルタに続き、日曜の夜を飾るのは今節最大の注目カード、セビージャ対レアル・マドリー。両者の勝ち点差は12ポイント。逆転優勝は難しい状況ながら、セビージャにはここまで唯一ホーム無敗を保ってきた意地がある。チャンピオンズリーグでチェルシーとの激戦を終えた直後のレアル・マドリーにとっては、苦しいタイミングで迎える上位対決。控え組も含めた総合力が問われる一戦となるだろう。

前節レバンテはホセ・ルイス・モラレスらがゴールを挙げるも、後半ロスタイムの失点によりバルセロナに2ー3で競り負けた 【(C)LaLiga】

昨年11月のセビージャ戦はカリム・ベンゼマとビニシウスのゴールによりレアル・マドリーが2ー1で制している 【(C)LaLiga】

今節を締めくくるのは4月18日(月)のバルセロナ対カディス。バルセロナは前節レバンテ戦で7連勝目を挙げたが、木曜のヨーロッパリーグではホームでフランクフルトに3失点を喫し、敗退が決定。しかもこの試合でペドリが負傷し、今季中の復帰が絶望的となった。今節からは延期分の第21節ラージョ戦を含め、休む間もなく3連戦が続く。逆転優勝の望みは薄いが、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保するためには気持ちを切り替えて臨む必要がある。

ペドリは前節レバンテ戦で2戦連続ゴールを決めたばかり。バルセロナにとって痛恨の離脱となる 【(C)LaLiga】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ラ・リーガ公式

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント