打線爆発!トヨタレッドテリアーズ4連勝。

トヨタレッドテリアーズ
チーム・協会

【トヨタレッドテリアーズ】

4回無失点の好投後藤希友投手 【トヨタレッドテリアーズ】

ガチーン!!

ソフトボールでは珍しい鈍い打球音。
下山絵理が放ったその打球は弾丸ライナーで瞬く間に左中間スタンドへ突き刺さった。

3ランホームラン。

初回から四番の一振りが一気にチームの雰囲気を変え、若てりあーず打線に勢いをつけた。

これまでトヨタレッドテリアーズは開幕から3連勝と勝ち星こそ重ねていたものの、1対0、2対0、1対0と得点の方は本来の力からすると少し控え気味な展開が続いていた。
そんな中で迎えた第4戦、日本精工ブレイブベアリーズとの試合、初回から若てりあーず打線が火を噴き、2回、3回、5回にも得点を重ね、終わってみれば15安打11得点。二桁安打、二桁得点の11-0と猛打爆発の試合となった。

投げては先発後藤希友が4回、三輪さくらが3回を無失点リレーで抑え、この試合も快勝で開幕4連勝を飾った。

この日も多数の選手が輝きを放つ。
伊波菜々はタイムリー二塁打に盗塁など猛打賞と躍動し気を吐いた。
石野江里佳も存在感を発揮。
初回の先制パンチを演出するチーム初安打でチャンスメークするとその後も立て続けに2安打を放ち打線の流れを作った。

今季初安打組も‥。
1番でスタメン起用された有吉茜は追加点を演出する安打を放ち、開幕スタメンを勝ち取った亀田栞里も代打でタイムリー三塁打と結果を出した。
代打での起用が続く長谷部陽香も長打でタイムリーを放つなど、それぞれの持ち場で役割を果たした。

先制本塁打を放った下山絵理選手は『素直に嬉しいです。明日も試合が続くのでまた明日がんばります』と既に明日の豊田自動織機シャイニングベガ戦へ目を向けているように、明日も一宮ラウンドの厳しい戦いは続く。

明日のヒロインは誰なのか、新たな主役の登場が待ち遠しい。ワクワクドキドキのレッドテリアーズの戦いはWowが止まらない。

石野江里佳選手 【トヨタレッドテリアーズ】

伊波菜々選手 【トヨタレッドテリアーズ】

長谷部陽香選手 【トヨタレッドテリアーズ】

好リリーフの三輪さくら投手 【トヨタレッドテリアーズ】

トヨタレッドテリアーズナイン 【トヨタレッドテリアーズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

トヨタレッドテリアーズ

トヨタ自動車女子ソフトボール部レッドテリアーズの創立は、1948年。 女子ソフトボールリーグに第1回から参戦する最古参のチームで、優勝を多数経験しており、 2010年~2012年には三連覇を果たしている。 チームのセカンドネーム『レッドテリアーズ』は、チームカラーの『レッド』とチームキャラクターの『ヨークシャ・テリア(キャラクター名:ルーキー)』を合わせたもの。ヨークシャ・テリアという犬種は、「小柄ながらエネルギッシュで探求心が強い」「攻撃的な側面を持ちながら知的でもある」という特徴があり、その気質はチームの志としています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント