【バレー/Vリーグ】2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ前日記者会見

チーム・協会

【2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V.FINAL STAGE】

2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ前日記者会見が開催されました。
9日、10日に行われるV・ファイナルステージを前に、会場となるこのはなアリーナ(静岡県草薙総合運動場体育館)内インタビュールームでV・ファイナルステージ出場の3チームによる前日記者会見が開かれ、3チームの監督とキャプテンが、明日からの決戦に向けた意気込みを語りました。

会見は新型コロナウイルス感染拡大対策のためリモート形式で、V・レギュラーラウンド2位の東レアローズ、3位の久光スプリングス、優勝のJTマーヴェラスの順番でそれぞれ別々に行われました。

V・レギュラーラウンド2位 東レアローズ

写真左から、白井美沙紀キャプテン、越谷章監督 【©V.LEAGUE】

● 越谷章監督
「明日の相手の久光スプリングスは中川選手をはじめサーブがいい選手がたくさんいる。直接失点を防ぎながら、崩されても粘り強くラリーをとっていきたい。逆に(久光は)サーブレシーブのいいチームなので、こちらもしっかりサーブで攻めて、アキンラデウォ選手、石井選手、井上(愛)選手らの攻撃を抑えていきたい。実力的にはどちらが勝ってもおかしくはないので難しい戦いになるが、チームの持ち味を発揮できればと思います。」

● 白井美沙紀キャプテン
「明日の相手の久光スプリングスは中川選手をはじめサーブがいい選手がたくさんいる。直接失点を防ぎながら、崩されても粘り強くラリーをとっていきたい。逆に(久光は)サーブレシーブのいいチームなので、こちらもしっかりサーブで攻めて、アキンラデウォ選手、石井選手、井上(愛)選手らの攻撃を抑えていきたい。実力的にはどちらが勝ってもおかしくはないので難しい戦いになるが、チームの持ち味を発揮できればと思います。」

V・レギュラーラウンド3位 久光スプリングス

写真左から、戸江真奈キャプテン、酒井新悟監督 【©V.LEAGUE】

● 酒井新悟監督
「V・レギュラーラウンドを通じてチームは成長することができた。リーグ戦最終盤は10日間で6試合と非常にタフなスケジュールの中で、また、最終戦のNEC戦では1セットも落とせない状況を乗り越えて勝ち上がることができた。それを自信に変えて明日から頑張りたい。(明日の相手の)東レアローズはクラン選手、石川選手という得点能力の高いスパイカーがいる。このスパイカー陣にいかに、良い状態でトスを上げさせないかが求められる。サーブで崩すが第一条件。そこから自分たちの強みであるブロック&ディグと、そこからスパイク得点できるかがキーだと思っている。」

● 戸江真奈キャプテン
「明日からのV・ファイナルステージでは今までやってきたことを全て出し切りたい。V・レギュラーラウンドではコンディションを整えるのに重点をおいて戦ってきたが、今週はしっかりミーティングをして、まずは東レ戦に向けて対策をしていい準備ができた。相手の東レは素晴らしいスパイカーがいるが、それ以外の選手にいかに点をとらせないかを重視したい。チームの強みはサーブからのトータルディフェンス。接った展開となったとしても、サーブで攻めてディグ&アタックで得点に繋げたい。」

V・レギュラーラウンド優勝 JTマーヴェラス

写真左から、小幡真子キャプテン、吉原知子監督 【©V.LEAGUE】

● 吉原知子監督
「V・レギュラーラウンドからいろいろ経験を積んできて、あとはやるだけ。良いパフォーマンスを発揮できるように頑張りたい。V・レギュラーラウンドでは昨年までコートに立つチャンスが少なかった若い選手たちがコートに立って力をつけてくれて、チームとして層が厚くなった。今までの2連覇のシーズンよりも引き出しが増えたことがファイナルに繋がってきたと思っている。東レアローズと久光スプリングスはタイプの違うチームではなるが、自分たちがやるべき根本的な部分は変わらないと思っている。今季のファイナルステージは(東レ、久光の)両チームが必死になって戦ってき勝ち上がったチームを迎え撃つ形になる。自分たちも相当な覚悟をもってコートに立たないと、“3連覇”は口で言うのは簡単だが、本当に難しいことだと思う。これまで積んできた経験を活かすことができるかが重要。この2戦しっかり集中して戦いたい。」

● 小幡真子キャプテン
「今シーズンは開幕から総力戦でいろいろな選手が出場して戦ってきた。その中で沢山の経験ができたことはチームにとってプラスの要素。V・ファイナルステージに進めるチームは3チームしかいない。今いる仲間とバレーができる時間に感謝して一戦一戦戦いたい。V・レギュラーラウンドは優勝することができたが良いことばかりではなかった。後半は負けが続いた時期もあり、自分たちを見つめ直すことができた。東レアローズ、久光スプリングスどちらも強いチーム。2連覇しているが、本当に強いチームは研究されても負けないチーム。どれだけ研究されても負けないことが一番の強いチームの証明になると思うのでそのような姿を皆さんにお見せしたい。ファイナルは第1戦に勝っても、第2戦に勝たないと意味がないという経験を4年前にしているので、1試合1試合気持ちを作って、集中することが大事。しっかりと準備したい。」
2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 V・ファイナルステージは男女ともに明日、4月9日(土)よりこのはなアリーナで開幕します。

【ⒸV.LEAGUE】

【V1男女 ファイナル3 & ファイナル第1戦(このはなアリーナ)】

4月9日(土) ファイナル3
12:00〜 V1女子 東レアローズ(RR2位)     vs.  久光スプリングス(RR3位)
16:00〜 V1男子 サントリーサンバーズ(RR2位) vs.  パナソニックパンサーズ(RR3位)

4月10日(日) ファイナル第1戦
12:00〜  V1女子 JTマーヴェラス (RR優勝)   vs.  ファイナル3の勝利チーム
16:00〜 V1男子 ウルフドッグス名古屋(RR優勝) vs.  ファイナル3の勝利チーム

※NHK BS1(LIVE中継)、フジテレビNEXT(CS/当日録画中継)、TV(LIVE配信)、ひかりTV(LIVE配信、男子のみ)にて放送

DIVISION1 V.FINAL STAGE組合せ 【ⒸV.LEAGUE】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント