東芝ブレイブルーパス東京リーグワン初年度の戦い(4)

東芝ブレイブルーパス東京
チーム・協会

【東芝ブレイブルーパス東京】

東芝ブレイブルーパス東京では、2022年3月よりSportsnaviでの公式情報配信を開始しました

東芝ブレイブルーパス東京では、2022年3月よりSportsnaviでの公式情報配信を開始しました。少しずつではありますが、ラグビーに関心をお持ちの皆さまに情報を届けて参ります。

今シーズンのこれまでの戦いを選手のインタビューを通じてお届けいたします。第11節を終えたところで6勝5敗(勝点29)で6位に付けています。4回目の今回は2021年度加入にもかかわらず全試合に出場(中止となった第3節を除く)している小鍜治悠太選手のインタビューです。トッド・ブラックアダーHCも「スーパースターになれる今後が楽しみな選手」と評する東芝ブレイブルーパス東京期待の若手選手です。

【東芝ブレイブルーパス東京】

Q.これまでの試合について
A(小鍜治悠太).負けた試合もありましたが、段階を踏んでチームが強くなっていることが身に染みて実感できています。自分も成長していると思いますし、このチームでラグビーが出来てとても楽しいですね。

Q.チームとしての手応えは
A.東芝ブレイブルーパス東京といったら、コンタクト、体を当てる部分の激しさだと思います。そこの精度の部分で、負けた試合でも戦えるなと手応えを感じています。

【東芝ブレイブルーパス東京】

Q.逆に課題は
A.スクラムですね。耐えることは出来るようになってきましたが、押すことはまだ出来ていないので、そこは練習しなければいけないと思います。

Q.1年目の小鍜治選手が思うチームの魅力は
A.他のみんなも言っているように、ファミリー感がとても強いところです。練習や試合では厳しいことを言い合っていますが、オフの時はすごく仲が良いです。みんなで厳しいことでも楽しんでやっていると思いますし、僕は常に楽しいです。

【東芝ブレイブルーパス東京】

Q.今シーズンの目標は
A.全試合で先発出場すること。そして日本代表を目標としているので、そこに向けて成長していきたいです。チームとしてはやはり優勝を目指して戦っています。

Q.個人としての手応えは感じていますか
A.フィールドプレーでのボールキャリーの面や、ディフェンスのタックルについては昨年入ってきた時から比べて、徐々に相手チームとやり合えるようになり、勝てる部分も出てきたなと感じています。

【東芝ブレイブルーパス東京】

Q.自分の強み、試合中はどんなところに注目してほしいか
A.自分の強みは激しく体を当てるところです。僕は重さというよりも気持ちを前面に出すプレーが特徴なので、ファンのみなさんにはそこを見てもらいたいですね。フィールドで体を当てる部分、そしてスクラムも、今より成長して必ず勝利を届けられるように試合では頑張ります。

【東芝ブレイブルーパス東京】

本インタビューは第8節横浜キヤノンイーグルス戦で配布したマッチデープログラムに掲載したものを再編集したものです。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

東芝ブレイブルーパス東京

東芝ブレイブルーパス東京はジャパンラグビーリーグワン(Division1)に所属するラグビークラブです。日本代表のリーチマイケル選手や德永祥尭選手が在籍し日本ラグビーの強化に直接つなげることと同時に、東京都、府中市、三鷹市をホストエリアとして活動し、地域と共に歩み社会へ貢献し、日本ラグビーの更なる発展、価値向上に寄与して参ります。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント