福岡ソフトバンク・牧原大成が勝ち越し打! 埼玉西武・山川穂高は対外試合初アーチ【2/22 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 2月22日、アイビースタジアムで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の「球春みやざきベースボールゲームズ」1戦目は、4対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発・田中正義投手は2者連続三振を奪う立ち上がりを見せると、2回表も力強い直球を武器に3者凡退で抑え、2回25球2奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。
 
 打線は4回裏、先頭の栗原陵矢選手が四球を選ぶと、暴投と内野ゴロの間に三塁へ進み、7番・上林誠知選手の内野安打で栗原選手が生還。この回から登板した埼玉西武の2番手・佐々木健投手から先制点を奪う。

 続く5回表には、先頭の1番・三森大貴選手が二塁打でチャンスメイク。続く高田知季選手が犠打で送ると、川瀬晃選手がライトへの適時打を放ち、追加点を挙げた。

 投げては、先発の田中投手の後を受けて、3回表から大竹耕太郎投手がマウンドへ。毎回走者を許しながらも、テンポよく打たせて取る投球で、無失点に抑え込む好投を見せた。

 6回表からは3番手の田浦文丸投手が登板するも、回をまたいだ7回表に無死1塁から山川穂高選手にレフトスタンドへの2ランを浴び、試合は振り出しに。追い付かれた打線は直後の7回裏、1死1塁から途中出場の牧原大成選手がセンターへの適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

 再びリードを奪った福岡ソフトバンクは尾形崇斗投手が8回表を無失点で抑えると、その裏には1死1、3塁からダブルスチールで3塁走者が生還し、貴重な追加点を奪った。2点差で迎えた9回表は、津森宥紀投手が3者凡退で締めて、4対2で試合終了。

 投打がかみ合った福岡ソフトバンクが藤本博史新監督の初陣を勝利で飾った。打線では、上林誠知選手が先制打含む3安打の活躍。また、三森選手、途中出場の野村勇選手がそれぞれ2盗塁をマーク。チーム全体では7盗塁を成功させ、足を絡めた攻撃が光った。

 一方、敗れた埼玉西武は、先発の今井達也投手が3回53球2安打3奪三振3四球無失点の内容。打線では、山川選手が対外試合初アーチとなる一発を放った。

  123456789 計
西 000000200 2
ソ 00011011X 4

西 今井達也-佐々木健-渡邉勇太朗-田村伊知郎-佐野泰雄
ソ 田中正義-大竹耕太郎-田浦文丸-尾形崇斗-津森宥紀

文・和田信
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント