[RUGGERSコラム] 前半戦、オニギリ ベスト15発表!!

RUGGERS(ラガーズ)
チーム・協会

【ラグビーアプリ「RUGGERS」】

 2月も寒い日が続いています。今年は日本各地で雪が降る日が多いですね。
 みなさん、こんにちはオニギリです。

 今回のオニギリ‘s eye!!は、第5節まで開催されましたリーグワン(ディビジョン1)の試合から、オニギリベスト15を発表したいと思います。選考ポイントは「ワクワク」したか(もしくはこれからさせてくれそうか)で選んでみました。

<FW>
1番 石原 慎太郎選手(東京サントリーサンゴリアス)
2番 堀江 翔太選手(埼玉パナソニックワイルドナイツ)
3番 オペティ・ヘル選手(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)
4番 パトリック・トゥイプロトゥ選手(トヨタヴェルブリッツ)
5番 ジェイコブ・ピアス選手(東芝ブレイブルーパス東京)
6番 ショーン・マクマホーン選手(東京サントリーサンゴリアス)
7番 トゥパ フィナウ選手(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)
8番 姫野 和樹選手(トヨタヴェルブリッツ)

<BK>
9番 荒井 康植選手(横浜キヤノンイーグルス)
10番 アイザック・ルーカス選手(リコーブラックラムズ東京)
11番 マリカ・コロインベテ選手(埼玉パナソニックワイルドナイツ)
12番 メイン 平選手(リコーブラックラムズ東京)
13番 サム・ケレビ選手(東京サントリーサンゴリアス)
14番 マロ・ツイタマ選手(静岡ブルーレヴズ)
15番 野口 竜司選手(埼玉パナソニックワイルドナイツ)

 FWですが、1番の石原選手は明治大学時代から機動力とスクラムに定評があり、リコー戦で見せた自陣ゴール前でのバッキングからのタックルは「え?1番ですか?」というような機動力で、チームの勝利に貢献しました。
 2番の堀江選手は、控えから出てくることがほとんどですが、試合の大事な場面での決勝トライ、クローザーとしての役割など、やはり歳を重ねるごとにグラウンドでのオーラを感じますね。
 3番は、以前のコラムにも書きましたがオペティ選手です。このまま日本でのプレーが続けば日本代表も夢じゃないかと思います。
 LO陣は外国人選手を起用するチームが多いです。その中でも、やはりトゥイプロトゥ選手、そして今季東芝に加入したピアス選手を選びました。LOはチーム1強い選手で、ボールを前に運び、DFを崩す核弾頭としての役割を2選手から感じました。
 3列は非常に迷いましたが、ショーン・マクマホーン選手は今のサントリーに欠かせません。スピードに乗った時のボールキャリーは全然止められません。これに対抗するのは姫野選手かと思い、NO8に選出。トゥパフィナウ選手は、サイズ的に申し分ないFL。日本国籍も取っており、サポートプレーや献身的なイメージを感じました。クボタでも試合に出続けているのがよく理解できます。今後、日本代表選考にも絡んでくるのではないかと思います。

 続いてBK、ハーフ団は非常に迷いました。リーグワンの9番は実力者揃いです。オニギリ的にはその中で荒井選手を選出します。キヤノンは、日本代表の田村優選手が司令塔を務める中、田村選手がイキイキとプレーできるのも9番の球捌きがなければ成り立たないなと思います。日本代表には、齋藤、流、茂野選手らがいる中で、ここに割って入ってくるのでは?と思って注目しています。
 そして10番は、リコーの躍進を引っ張っているアイザック・ルーカス選手を選びます。ルーカス兄弟で有名ですが、アイザック・ルーカス選手は、走ってよし、パスもよし、キックもよしと、ボールを持って走れる10番で、DFしにくいです。今後、リコーが上位に食い込むにはアイザック・ルーカス選手の活躍が欠かせないと思います。
 続いて、センター陣。ここも迷いました。その中で、将来性を特に高く感じたのはメイン平選手です。御所実業からNZへ留学し、リコーへ入団。サイズもコンタクトも全然負けていません。サントリーの中村亮土選手の後継者にも近いと思っています。
 13番は、真逆で代表クラスの凄さを見せているサム・ケレビ選手です。セブンスにも出場していたので体が少し締まったのか、キレが以前と全然違います。またワラビーズに選出されるとオニギリは思っています。
 WTBとFBは華がある選手が多いです。今季パナソニックに加入したコロインベテ選手は、やっぱりすごいですね。ライン際でも、1mであっても前にボールを運ぶところや、積極的にボールタッチを増やす動きなどは、見てて魅力的です。また個人的にマロ選手は、昨年と一昨年のトライ嗅覚に期待しているのと、レヴズの初戦でも2トライを重ねており、将来性をみて選出してみました。

 以上、第5節までのディビジョン1、オニギリベスト15でした。

 コロナの影響で中止となった試合もありますが、各チームの色が出ており、毎週末が楽しみです。
 16節までどのチームが優勝するかまだまだわかりませんが、リーグワンをみんなで盛り上げていきたいですね。

 次回のオニギリ‘s eye!!もお楽しみに!!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

RUGGERS(ラガーズ)

「RUGGERS(ラガーズ)」は、日本ラグビーフットボール選手会が運営主体を務め、ファンと選手がつながる新しいラグビーアプリ(メディア)です。トップリーグ選手の投稿や、ラグビー関連の記事をまとめています。オリジナルコラムや動画も配信しています。アプリもぜひご覧ください。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント