【週刊グランドスラム134】2022年の新監督に聞く   ◆File.2◆平田太陽監督(沖縄電力)

チーム・協会

【活気ある練習で今季の躍進を予感させる沖縄電力(写真=松橋隆樹)。】

 165cm・55kgと小柄ながら中部商高で五番ショート、主将も担った平田太陽は3年夏の甲子園に出場すると、国際武道大へ進学する。とかく内弁慶と評されていた沖縄の高校球児が、県外の大学へ進むようになった時期だ。
「部員の多さに驚きましたし、甲子園に出場した者もざらにいる。そんな環境では、自分をどうアピールできるかが重要だと感じました」
 同期には、福岡工大城東高から入学した柴田講平と東海大甲府高から入学した仲澤広基がいた。
「二人とも堂々としていたので、はじめは先輩かと思ったほどです。そして、グラウンドに立てば、遠慮なく実力を発揮する。彼らを見ていて、自己表現することの大切さを強く感じましたし、しっかり自己表現することが自信につながっていくのだとわかりました」
 だから、平田も大きな声を出し、柴田や仲澤に対する対抗心を燃やして自分の存在をアピールした。いつしか、小柄な体格はハンデではなく、反対に恰好のアピール材料になることも実感する。そうして4年間を過ごし、柴田は阪神2位、仲澤は巨人6位でプロの世界へ羽ばたく。平田は、故郷に戻って沖縄電力へ入社する。
 甲子園で沖縄県代表校の戦いぶりを見ればわかるように、同じ環境で育った者の一体感は大きな武器だが、それで負けると「仲よし集団」というレッテルを張られてしまう。だが、それは沖縄育ちの気質だけが原因なのではなく、県外に出ないことで沖縄以外の文化を知らないからだと平田の目には映った。
「実際、私が入社した頃の沖縄電力も『選手個々の能力は高いけれど波がある』と見られていた。そこを変えていくにはどうすればいいか、ずっと考えながらプレーしてきました」

グラウンドを動き回り、新人の仲村来唯也(右)とコミュニケーションを取る平田太陽監督(左)。 【写真=松橋隆樹】

 平田の2年目、2010年の日本選手権一回戦では富士重工業(現・SUBARU)に1対0で勝ち、念願の全国初勝利を挙げる。そこから大舞台でも白星を積み重ね、日本一という目標に近づこうとしてきたが、昨年まで2勝目にすら手が届かない。しかも、2010年の日本選手権一回戦は分割開催で、沖縄電力が勝利を挙げたのは日立市民球場。つまり、両ドームでは未勝利なのだ。

目配りや気配りで感性豊かな選手に

 10年間プレーしてコーチに就いた時、平田は選手に向かって言った。
「これからは、思ったことをはっきり言うよ。後輩たちのことを信頼しているから、厳しい言葉も投げかけるよ」
 前任の古謝景義監督の下で鬼軍曹となり、昨年は3月の東京スポニチ大会で2勝を挙げ、4月の四国大会はベスト4、5月の九州大会は準優勝と着実にステップする。それでも、都市対抗は沖縄県一次予選でエナジックに敗れるなど、少しでも歯車が狂うとガラガラと崩れてしまうのが課題である。そうした状況で監督に就任したからこそ、コーチ時代と変わらず辛口でチームを率いていくつもりだという。
「あくまで、目標は日本一です。ただ、現実には2014年以来、東京ドームからは遠ざかっている。昨年は県内でも負けたわけですから、目の前の試合に勝つというところからチームを作っていきたい。また、今年の新人も3名のうち2名は高校から県外に出ているように、最近の沖縄では他の地域の文化を体験している選手も増えました。だからこそ、技術面を鍛えるだけでなく、試合の流れを見る目も養い、勝利につながるきっかけを作れる選手に成熟してもらいたいと考えています。そこで、選手に徹底しているのは目配りや気配り。そうして感性の豊かな選手が揃ってくれば、全体の意識レベルも上がり、それが新たなチームカラーになっていくと考えています」
 沖縄水産高が2年続けて夏の甲子園で準優勝した直後、1992年に創部されてから、沖縄電力は社会人球界の活性化にも貢献しながら歴史を重ねてきた。ちょうど30周年の節目に、初めて県外の大学出身者である平田監督が就任したのも、これから栄光の歩みを進めていくターニング・ポイントになる気がする。今季の戦いぶりにも、注目していきたい。
(文=横尾弘一)
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

公益財団法人 日本野球連盟

1949年に設立した社会人野球を統轄する(公財)日本野球連盟の公式アカウントです。全国の企業、クラブチームが所属し、中学硬式や女子野球の団体も加盟しています。1993年から刊行している社会人野球オフィシャル・ガイド『グランドスラム』の編集部と連携し、都市対抗野球大会をはじめ、社会人野球の魅力や様々な情報を、毎週金曜日に更新する『週刊グランドスラム』などでお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント