【全日本卓球】ダブルス:女子は伊藤・早田組が4連覇!男子は宇田・戸上組が嬉しい初優勝。本日はシングルスの王者が決まる。

日本卓球協会
チーム・協会

【JTTA】

女子ダブルス
4連覇を狙う伊藤・早田組(スターツ・日本生命)は永尾・南波組(サンリツ・日本ペイントマレッツ)と対戦。落ち着いた試合運びで第1ゲームの競り合いを制すと、サーブレシーブで圧倒して第2ゲームも奪う。ゲームカウント2-0で迎えた第3ゲーム。永尾・南波組の連続攻撃が決まり始めてリードを奪われるも、丁寧に繋いでジュースに持ち込む。最後は永尾のバックハンドがオーバー。3-0で伊藤・早田組が勝利した。

決勝戦では東京五輪代表同士のペア・平野・石川組(全農・日本生命)が棄権のため決勝へ進出した宋・成本組(中国電力)と対戦。互いに台上で先手を取り合う展開から思い切って攻めた宋・成本組が先にゲームポイントを奪うも、伊藤・早田組が連続攻撃で攻め返して逆転。第1ゲームを先取した。続く第2ゲームは中盤まで競り合うも、カウンターが冴え渡った宋・成本組がリードする。要所で宋がフォアフリックを決め、11-7でゲームを奪い返した。ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲームは守備力の高い宋・成本組が伊藤・早田組の攻撃を凌ぐ展開。互いに一歩も譲らず12-12までもつれるも、最後は早田がフォアハンドで打ち抜いた。伊藤・早田組が優勝に王手を掛けた第4ゲーム。7-5から2連続ロングサーブなどでリードし10-5とマッチポイントを握ると、最後は成本のフォアハンドがオーバー。伊藤・早田組が4連覇を達成した。

結果は以下の通り。

準決勝
伊藤・早田組(スターツ・日本生命)3(11-9, 11-4, 12-10)0永尾・南波組(サンリツ・日本ペイントマレッツ)
石川・平野組(全農・日本生命)L(W/O)W宋・成本組(中国電力)

決勝
伊藤・早田組(スターツ・日本生命)3(12-10, 7-11, 14-12, 11-5)1宋・成本組(中国電力)

伊藤・早田組 【JTTA】

宋・成本組 【JTTA】

男子ダブルス
世界選手権銅メダルの宇田・戸上組(明治大)は藤村・松下組(日鉄物流ブレイザーズ)と対戦。序盤からダブルス巧者の藤村・松下組が先手を取って宇田・戸上組の連続攻撃を許さず、主導権を握る展開。ラリーになっても強い藤村・松下組が2ゲームを連取し、決勝進出へ王手をかけた。後がなくなった宇田・戸上組だが、背水の陣でエンジンをかけ直して大量リードから1ゲームを奪うと、迎えた第4ゲームも強気で攻め込んで11-6で勝利。フルゲームへと持ち込んだ。最終ゲームも序盤からチキータレシーブで強気で攻めた宇田・戸上組が11-7で勝利。逆転勝ちで決勝進出を決めた。

決勝戦は、大島・田添組(木下グループ)が棄権のため、決勝へと進出した張本・森薗組(木下グループ・BOBSON)と宇田・戸上組(明治大)の世界選手権代表ペア同士の対決となった。2021年世界選手権男子ダブルス3回戦でも対戦しており、その際は宇田・戸上組がフルゲームで勝利している。第1ゲームは張本・森薗組が宇田・戸上組の攻撃を封じて11-8で先取。続く第2ゲーム、戸上の高速チキータがクロスに何本も決まり、宇田・戸上組の連続攻撃も勢いを増していく。宇田・戸上組が先にゲームポイントを握るも、張本・森薗組が連続攻撃を凌いでジュースに持ち込む。最後は先に攻めた張本・森薗組が逆転で第2ゲームを奪った。張本・森薗組がゲームカウント2-0でリードして迎えた第3ゲーム。宇田・戸上組が序盤から強烈な両ハンドを決め11-5で奪い返すと、続く第4ゲームも攻撃力で勝る宇田・戸上組が11-6で奪い、ゲームカウント2-2のタイに戻した。迎えた最終ゲーム。
張本・森薗組が序盤から攻めるも、宇田・戸上組が前陣での両ハンドカウンターで弾き返してリードを奪う。森薗が後陣から盛り返すも、宇田・戸上組の勢いは止まらない。最後は張本のレシーブがネットに掛かり、試合終了。宇田・戸上組がゲームカウント0-2からの逆転勝ちで優勝を決めた。

(左から)戸上隼輔・宇田幸矢組 【JTTA】

結果は以下の通り。

準決勝
張本・森薗組(木下グループ・BOBSON)W(W/O)L大島・田添組(木下グループ)
藤村・松下組(日鉄物流ブレイザーズ)2(11-9, 11-9, 5-11, 6-11, 7-11)3宇田・戸上組(明治大)

決勝
張本・森薗組(木下グループ・BOBSON)2(11-8, 14-12, 5-11, 6-11, 7-11)3宇田・戸上組(明治大)

宇田・戸上組 【JTTA】

張本・森薗組 【JTTA】

女子シングルス
準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

第1シードの石川佳純(全農)を破った2019年世界選手権ベスト8の加藤美優(日本ペイントマレッツ)は大藤沙月(四天王寺高)と対戦。大藤がやや後ろから威力ある両ハンド攻撃で第一ゲームを先取するも、第二ゲームからは加藤が早い打点でミドルを上手く攻め、大藤の両ハンド強打を防ぐ展開で試合を優位に進める。加藤がゲームカウント3-2とリードして迎えた第六ゲーム。序盤から思い切ってフォアハンドで攻めた大藤が先にゲームポイントを握るも、サーブミス。加藤が大藤のミスを誘い、12-10で勝利。準決勝進出を決めた。

2021年アジア選手権三冠の早田ひな(日本生命)は全日本社会人王者の長崎美柚(日本生命)と対戦。左利き同士の対決は序盤からバック対バックでストレートを狙い合う展開。長崎の打点の早いストレートへの攻撃を早田がリーチの長いフォアハンドで対処し、ゲームカウント3-1とリードする。迎えた第五ゲーム。よりギアを上げてより早い打点で攻める長崎とやや後ろから威力ある両ハンド攻撃で早田が盛り返す展開が続く。最後は長崎のバックハンドがオーバーし試合終了。早田が4-1で勝利した。

平野美宇(日本生命)を破ったカット主戦型の佐藤瞳(ミキハウス)は今大会ジュニア王者の木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)と対戦。3年前の準々決勝では、促進ルールにフルゲームの大激戦の末、佐藤が敗れている。序盤からバックへの打点の早いドライブとスマッシュ、バック表ソフトを利用したフォア前へのストップで木原が怒涛の攻めを見せるも、佐藤が凌ぎ切って3ゲームを連取する。ゲームカウント3-0と準決勝進出へ王手を掛ける。後がなくなった木原が緩急をつけたカット打ちで佐藤のフォアとミドルを上手く攻めて3ゲームを取り返し、フルゲームとなる。迎えた最終ゲーム。序盤から強気で攻めた木原がリードを奪う。佐藤が粘り、10-6で促進ルールに突入するも、最後は木原のスマッシュが決まり、11-6で木原が勝利。準決勝進出を決めた。

東京五輪混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(スターツ)はアジア3位の安藤みなみ(専修大)を破った木村光歩(中国電力)と対戦。序盤から厳しいレシーブで木村の速攻を防ぎ、多彩なサーブからの三球目攻撃で攻めた伊藤が4-1で勝利。準決勝へと駒を進めた。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

加藤美優(日本ペイントマレッツ)-早田ひな(日本生命)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)-伊藤美誠(スターツ)

早田ひな 【JTTA】

加藤美優 【JTTA】

男子シングルス
準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

ノーシードから勝ち上がってきた元世界選手権代表の松平健太(ファースト)は今大会ジュニア優勝・高校2年生の吉山僚一(愛工大名電高)と対戦。ミドルへのロングサーブを効果的に使って吉山のチキータを防ぎ、1ゲームを先取した。吉山も思い切って攻めて1ゲームを取り返したが、吉山の両ハンド攻撃を的確にブロックし、連続攻撃を許さなかった松平が4-1で勝利。準決勝に駒を進めた。

張本智和(木下グループ)を下したリオ五輪男子団体銀メダリストの吉村真晴(愛知ダイハツ)は日本式ペンホルダーの松下大星(クローバー歯科カスピッズ)と対戦。威力ある両ハンド攻撃で松下を圧倒した。開き直った松下の攻撃に1ゲームを落としたものの、最後は攻め切り、4-1で準決勝進出を決めた。

2大会連続五輪メダリストの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)と、松島輝空(星槎中)を下した吉田雅己(木下グループ)が対戦した。青森山田高校時代のチームメイト対決は丹羽が高速プレーで吉田を圧倒。昨日までラリー戦で強さを見せていた吉田は精彩を欠いた。

全日本社会人王者の上田仁(T.T彩たま)は2021年アジア選手権男子シングルス3位の戸上隼輔(明治大)と対戦。上田がサーブレシーブで優位に立ち先に攻めるも、戸上が両ハンドカウンターで弾き返して3ゲームを連取。迎えた第四ゲーム、上田が1-7から9-10まで追い上げるも、最後は戸上のロングサーブがエッジをかすめ、試合終了。あっけない幕切れとなった。

準決勝の組み合わせは以下の通り

松平健太(ファースト)-吉村真晴(愛知ダイハツ)
丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)-戸上隼輔(明治大)

松平健太 【JTTA】

丹羽孝希 【JTTA】

大会最終日見どころ

大会最終日は男女シングルス準決勝・決勝が予定され、男女シングルス王者が決定する。

女子シングルス
準決勝・決勝が予定され、女子シングルス王者が決定する。

佐藤瞳(ミキハウス)に大逆転勝利を収めた木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)は第2シードの伊藤美誠(スターツ)と対戦。ジュニア女子を制した勢いが伊藤にどこまで通じるか。

2019年世界選手権ベスト8加藤美優(日本ペイントマレッツ)は2021年アジア選手権3冠の早田ひな(日本生命)と対戦。石川佳純(全農)に続き、左利きの早田を攻略できるか。

男子シングルス
準決勝・決勝が予定され、男子シングルス王者が決定する。

五輪2大会連続メダリストの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)は2021年アジア選手権男子シングルス3位の戸上隼輔(明治大)と対戦。戸上の両ハンド攻撃を止められるか。

元世界選手権代表の松平健太(ファースト)はリオ五輪男子団体銀メダリストの吉村真晴(愛知ダイハツ)と対戦。今大会絶好調の吉村の強打をどういなすのか。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本卓球協会

日本卓球協会は「卓球を通して人々の健康と幸福(wellbeing life)に貢献し、人々の心をつなげ社会の調和を目指す。」をミッションに、卓球ファンや関係者のみなさま、スポーツ好きの方々に向けて、卓球の魅力をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント